こんばんは!担当:Kです。

先日発売となった、Nikon (ニコン) NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S をテストしました。

Nikon (ニコン) NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 本体写真

Nikon (ニコン) NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 新品販売ページ

使用頻度の高い、明るいズームレンズの登場で、Zシリーズへの買い替えに決心をつけた方もいるのではないでしょうか。

そんなシステムの中核をなすレンズの実力を見ていきたいと思います。

重量の比較

初めに、ミラーレス用という事で、一眼レフ用レンズとの重量差を見てみたいと思います。

開放f2.8という事で、大きく重いレンズではありますが、現行の一眼レフ用の同スペックのレンズと比較すると、

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR:約1070g
NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S :約805g

Nikon (ニコン) NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 比較写真①

と、20%以上軽くなります。

さらに、不毛な比較かもしれませんが、ハイスペックな一眼レフカメラ「D850」との組み合わせを考えてみると、

D850(約1005g)+AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR(約1070g)=約2075g
Z7(約約675g)+NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S(805g)=約1480g

と、500g以上軽量になります。ペットボトル1本分!

この重量差は大きいです。1日中持って歩くことを考えると、撮影に対するモチベーションに影響するくらいの差だと思います。

Nikon (ニコン) NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 比較写真②

実写テスト

Nikon (ニコン) NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S テスト写真①

Nikon Z7 1/60 f2.8 ISO140 露出補正±0 焦点距離57mm

夕暮れせまる川の土手を散歩しながらテスト撮影を行いました。

NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S は、最短撮影距離はズーム全域で0.38m、最大撮影倍率は0.22倍と、マクロもそこそここなします。

ボケ味は、前ボケ、後ろボケともにNikonらしい素直で美しいボケです。

Nikon (ニコン) NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S テスト写真②

Nikon Z7 1/500 f2.8 ISO100 露出補正±0 焦点距離59mm

この日は風の強い日で、たんぽぽの綿毛はあらから吹き飛んでしまっていました。

かろうじて残った綿毛と、夕日をフレーミング。

これだけ明暗差のある状態でも、明部暗部の両方に諧調を残せるのはさすがZ7だと思います。

Nikon (ニコン) NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S テスト写真③

Nikon Z7 1/100 f2.8 ISO100 露出補正-0.7 焦点距離26mm

錆びた金網の周囲に、黄色い花が咲き誇っていました。夕闇迫る薄暗い光の中、黄色い花だけがが浮き立っていて目を引き、シャッターを切りました。

背景の金網と、金網の背後の風景と、ボケが2段階になっていますが、どちらもとても素直で、Nikonらしいボケ味だと感じました。

写り方、ボケ味など、これまでテストしたZマウントの別のNikonレンズとほぼ同じ感想で、単焦点、ズーム、いずれを使っても、写りに統一感があるのは、Nikon レンズの強みの一つだと思います。

Nikon (ニコン) NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S テスト写真④

Nikon Z7 1/60 f2.8 ISO180 露出補正-0.7 焦点距離57mm

雑草だらけの中に建つ錆びついた廃屋に、どこか心惹かれてシャッターを切りました。錆びたり錆びてなかったり、パッチワークのようなトタン屋根に、行き当たりばったりな、いい加減な、出鱈目な感じがしてちょっと好きです。

最近の一眼レフカメラ用のズームレンズでは、明るさをf4通しとする事で、高性能と軽量を両立したレンズをラインナップするメーカーも多いです。

しかし、広角側でも、十分なボケが稼げるf2.8のレンズはやはり魅力で、勿論おなじ重さならf2.8を選択しますよね!ミラーレスにする事で、重量を抑えつつf2.8に出来るメリットは大きいと思います。

Nikon (ニコン) NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S テスト写真⑤

少し突っ込んで、性能について見ていきたいと思います。

上のカットは、絞り開放、焦点距離は標準付近(45mm)で撮影しています。拡大して解像感を見てみたいと思います。

Nikon (ニコン) NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S テスト写真⑤拡大①

画面中心から少し上の部分の拡大画像ですが、素晴らしくシャープで、抜けのいい描写です。

車両前面の番号「1101」がクリアに読めるのは勿論、車体側面のリベットの立体感まで認識出来るのは驚きです。色収差もほぼ認められず、細かい諧調まで再現され、立体感も申し分ありません。

又、飛び、つぶれも少なく、レンズの高性能さだけでなく、テスト機に使用したZ7の高画素でありながら、汎用性の高さも光ります。

Nikon (ニコン) NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S テスト写真⑤拡大②

周辺部分でも描写の低下はほとんど認められません。

中心部分とほとんど変わらない、シャープで抜けのいい、立体感に富んだ描写性能です。

さすがショートフランジバックで設計されたレンズだと、高い描写性能に唸らされます。

Nikon (ニコン) NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S テスト写真⑥

一般的にセンサーからレンズまでの距離を短くとれる、ショートフランジバックのメリットは、広角域で特に大きいと言われるようです。

上のカットは、広角端24mmで撮影しました。

一眼レフ用のレンズでは、多少眠くなったり、流れたりするのが普通ですが、どうでしょうか?

Nikon (ニコン) NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S テスト写真⑥拡大

広角ズーム、しかも難しい周辺部分の拡大でありながら、非常にシャープで、中心部との画質差は非常に少ないレベルだと感じました。

ミラーレス用のショートフランジバックで設計されたメリットが、性能に大きく寄与していると思います。

まとめ

個人的に(あくまで個人的に)思う事は、例えばSIGMAのレンズとNikonのレンズを比較した時に、Nikon Zマウントのレンズに感じるのは、欠点の少ないレンズだという事です。

SIGMAのレンズには、どんな写りをするか?という喜びとワクワク感があります。撮影者の実力以上の写りを期待してしまうメーカーなのです。

しかし、Nikonのレンズには、そういった事を感じることは殆どありません(あくまで個人の感想です)。非常に高性能、もう一度言います、非常に高性能でありながら、期待値と現実値が常にイコールで結ばれるような感覚なのです。良くも悪くも「遊び」が少ないまじめさを感じます。

職人のような誠実さ、生真面目さ、プロの為の「道具」的な、製品作りに対する真摯さを感じるメーカーなのです。

勿論、プロの道具が悪かろうはずがありません。

Nikon (ニコン) NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 新品販売ページ