こんばんは!担当:Kです。

先日SONYより発売された「RX0 II」をテストしました。名称は「デジタルスチルカメラ」となっていますが、機能や形状から動画での使用するユーザーがメインターゲットと想定されそうなので、主に動画性能についてレビューをお届けしたいと思います。

SONY RX0 II 新品販売ページバナー

SONY RX0 II レビュー 本体写真①

RX0との違い

RX0 II の見た目で先ず目を引くのは、ティルト液晶を採用した事でしょう。

SONY RX0 II レビュー 本体写真②

これにより、ローアングル、ハイアングルの撮影がやり易くなった他、自撮りもモニターを確認しながら出来るようになり、Youtubeなに動画をUPするユーザーにも使い勝手のいいカメラになったと思います。

SONY RX0 II レビュー 本体写真③

又、動画撮影はFHDだけでなく、4K 30Pのフォーマットに対応し、本体内の電子手ブレ補正も搭載、10m防水・防塵、2.0m耐衝撃 機能と併せて、アクションカムに寄ったカメラになったと思います。又、Log撮影(S-log2)も可能で、LUTを当てて、最近流行のシネライクな映像を制作する事も可能です。

前型のRX0が「多視点撮影」をカメラの特徴の上位に位置付けた、プロ寄りのカメラであったところから、より撮影用途の広い、一般ユーザー寄りのカメラになったという印象です。

動画

折角のティルト液晶と、動画機能も充実の機種という事で、ユーチューバー風(と言ったら、ユーチューバーの方に怒られそうなクォリティですが)の動画を作ってみました。

初めての試みで、かなり恥ずかしかったです。

実写テスト

① ティルト液晶

テスト撮影は満開の桜並木で行いました。

春の日差しを浴びて、気持ち良く歩きながらの自撮りです。ティルト液晶を使って、撮影前に写る範囲を把握しながら撮影出来るので便利です。

しかし、普段やり慣れない事なのでちょっと恥ずかしいですね。

SONY RX0 II レビュー 写真①

② 電子手振れ補正

歩きながらの自撮りで威力を発揮したのが、電子手振れ補正です。

手振れ補正が歩行の際の振動を上手く補正してくれて、安定した画が撮れたと思います。

レンズは24mm相当(手振れ補正を使っているので、実際にはさらに画角が狭くなっているはずです)なので、手持ちだと厳しいので三脚に載せて、少し体からカメラを離して撮影しました。ワイド過ぎず、ナチュラルな描写です。

SONY RX0 II レビュー 写真②

桜の花びらが敷き詰められた地面を入れたくて、カメラを持ち上げて俯瞰撮影しまいた。

不慣れな自撮りで、俯瞰した画を撮る際に、三脚が写ってしまいました(笑)

③ AF:PF(プリセットフォーカス)とnearモード

動画撮影時は、AFモードはPF(プリセットフォーカス)を使いました。

というよりAF-Cモードが無いので、動画撮影時はこのモードを使うしか無いと思います。PFモードでは、1m~∞までの通常モードと、0.5~1mの近距離撮影用のnearモードを切り替えながら使う事になります。

2つのモードはボタン一つで切り替えられるようになっているので、切り替えに面倒はありませんが、どっちになっていたのか忘れてRECボタンを押してしまう事もあったので注意が必要です。

SONY RX0 II レビュー 本体操作写真

コンティニアスAFがあればなお良かったと思います。

④ 4K撮影

RX0 II になって、4K:30pでの撮影が出来るようになりました。

個人的に4Kで撮影、編集をする事はほぼありませんでした。パソコンのパワー不足やデータが膨大となって管理が大変、といった理由なのですが、今回、敢えて4Kでの撮影を行ってみました。

理由は、4KをFHDにダウンコンバートした画像の方が、FHDの撮って出しよりも画質がいい、といったうわさを耳にしたからです。

SONY RX0 II レビュー 写真③

上の画像が4K→FHDにダウンコンバート(adobe Media Encoder 使用)した画像(もとの画像から300%拡大)なのですが、4K→FHDにダウンコンバートのした画の方が、しまりがあって、細かい部分までよく解像しており、FHDより高画質に見えます。

うわさ通り、4Kからダウンコンバートした方がFHDの撮って出しより高画質なようで、撮影時のデータ容量が大きくなる嫌いはありますが、たとえFHDで使用する映像でも、高画質を望むなら4Kで撮影するのがいいようです。

普段使わなくても、ここぞという時に4Kでの撮影が出来るのは、やはり心強いです。

⑤ S-Log撮影

RX0 II の特徴の一つ、Log撮影(S-Log2)もしてみました。4Kでの撮影と同様、個人的には普段Log撮影も殆どしませんでした。

しかし、海外のYoutubeなどで、シネライクなカッコいい映像を見かける事が多くなり、LUTに興味があったので、せっかくの機会と思い試してみました。

SONY RX0 II レビュー 写真④

Premierにデフォルトで入っているPremierに付属のLUTをあてて、多少露出をいじっただけですが、なかなか上手くいったと思います(下半分がLUTをあてた画像)。

Logは、撮影時ファインダー上で仕上がりが確認出来ないなどの欠点もありますが、映像表現の幅が広がって楽しいですね。

ネット上でも様々なLUTが公開されているようなので、気に入ったLUTを見つけるのも楽しいと思います。

⑥ 低照度撮影

SONY RX0 II レビュー 写真⑤

RX0 II の特徴の一つは、一般的なウェアラブルカメラよりも大型な、1型センサーを搭載している事です。よって、低照度下での動画撮影にかなり期待していましたが、結果は「まぁまぁ」という程度でした。もっとすごいと思っていたので残念です。

理由は簡単で、いくらなんでもレンズの開放f値が暗すぎ(f4)ます。せめてf2.8だったら、他のウェアラブルカメラに対する、絶対的なアドバンテージになったかもしれないのに・・・残念です。

私は低照度下での撮影は、APS-Cサイズセンサーのカメラにf1.4のレンズを付けて撮影していますが、圧倒的なパフォーマンスで、動画でも明るいレンズは正義だと思います。

⑦ 写真画質

SONY RX0 II レビュー 写真⑥

動画のテストを主にしましたが、写真も撮りました。

画質について、動画よりもシビアになる写真では、1型センサーとCarl Zeiss レンズの高性能がいかんなく発揮され、この大きさのカメラで撮ったとは思えない高性能さでした。

少し拡大してみます。

SONY RX0 II レビュー 写真⑥拡大

クリアな描写で、かなり高画質画だと思います。手のひらに収まる、小さなカメラの画質とは思えないですね。

RX0 II から、近接が20cmになったのも使い勝手を向上させています。AFの精度も良く感じました。

SONY RX0 II レビュー 写真⑦

動画と違って、シャッタースピードで露出を調整出来る写真では、低照度下でのクォリティも問題無いようです。

ちょっと残念なのは、動画→写真→動画といった撮影をする際、モードの切り替えをメニュー画面から行わなければならず、少し面倒でした。

こういった事は大きさとのトレードオフなので致し方ありません。

まとめ

4K 30p、S-Log2、電子手振れ補正、自撮りも可能なティルト液晶、と小型の動画カメラとして、申し分ない性能だと思います。

こんな小さなカメラでここまで写るのか!と、感動すら覚えました。1型センサーとCarl Zeiss レンズの組み合わせも、高画質に大きく貢献していると思います。

今回は自撮りを主にテストしましたが、小ささや堅牢さを活かして、もっともっと可能性の広がるカメラだと感じました。

SONY RX0 II 新品販売ページバナー

楽々キット申し込みページバナー