こんばんは!担当:Kです。

コーティングが変更されリニューアルが図られた RICOH IMAGING (リコーイメージング) HD PENTAX-FA 35mmF2 を先行テストしました。

HD PENTAX-FA 35mmF2 商品写真

RICOH IMAGING (リコーイメージング) HD PENTAX-FA 35mmF2 予約ページ

実写テスト

K-1 MarkIIに装着して、梅が見ごろを迎えつつある里山を散歩しながら、テスト撮影を行いました。

HD PENTAX-FA 35mmF2 テスト写真①

PENTAX K-1MarkII 1/6400 f2.0 ISO400 露出補正±0

撮影当日は、暖かい春の日差しがさんさんと降り注ぐ穏やかな日でした。

だいぶ高くなった日差しの中、逆光線となるシーンも多くありましたが、HDコーティングが施された HD PENTAX-FA 35mmF2 は、フレアの発生で画が眠くなる事も無く、快適に撮影を進められました。

レンズ自体の設計はだいぶ古いものになりますが、最新のコーディングを施され蘇ったようです。

HD PENTAX-FA 35mmF2 テスト写真②

PENTAX K-1MarkII 1/1600 f2.0 ISO400 露出補正±0

設計当時のPENTAXのトレンドで、非常にコンパクトに設計されたレンズは、取り回しも良く使い勝手のいいものでした。

K-1MarkIIのフレキシブルチルト式液晶モニターと併せて、ローアングルの撮影も快適にこなせます。

HD PENTAX-FA 35mmF2 テスト写真③

PENTAX K-1MarkII 1/4000 f2.0 ISO400 露出補正-0.3

残念なのは、AFの駆動方式がボディ駆動である事で、上の写真のような、AFが難しいシチュエーションでは駆動音が多少耳障りでした。

せっかくなので、レンズ内モーター(SDM)にしてほしかったところですが、折角のコンパクトなデザインが損なわれるのももったいないので、メーカーとしても難しいところだったと思います。

又、買い易い価格もこのレンズの魅力なので、多少は我慢しましょう。

HD PENTAX-FA 35mmF2 テスト写真④

PENTAX K-1MarkII 1/1000 f2.0 ISO100 露出補正±0

小さな塚の上に、可愛らしいお地蔵さんが並んでいました。

案内板には「六地蔵」と書いてありましたが、何度見返しても8体の石仏があるように見えます。どうやら「まえかけ」をしていない2体は地蔵ではないようです。

何の下調べもせずに散歩して、こんな出会いがあるのも写真を趣味にする醍醐味だと思います。

HD PENTAX-FA 35mmF2 テスト写真⑤

PENTAX K-1MarkII 1/30 f2.0 ISO100 露出補正-1.0

とある酒蔵の杉玉です。

個人的に日本酒が好きなので、趣味と実益を兼ねての来訪です。借りたカメラを持っているので、今日は飲まずに、蔵でしか手に入らない原酒を買って、撮影に集中します。

解像感を見る為に拡大します。

HD PENTAX-FA 35mmF2 テスト写真⑤拡大

設計が古いだけあって、柔らかいレンズです。レンズガラスの存在を感じる、有機的な写りです。

最近のレンズは20年前と比べて性能が格段に向上し、シャープさや解像度にばかり目が行きがちですが、個人的にはこういったオールドな写りをするレンズも嫌いではないです。

性能のいいレンズは沢山ありますが、逆に収差の残る、レンズらしいレンズを見つけるのも面白いと思います。

HD PENTAX-FA 35mmF2 テスト写真⑥

PENTAX K-1MarkII 1/400 f2.0 ISO100 露出補正±0

大木が大空に向かって枝を広げています。枝の広がりはフラクタル構造になっているそうですが、本当でしょうか?冬枯れのおかげで、枝の広がりが葉の茂った時期よりよくわかります。

このカットは、あえて周辺光量補正をOFFにして撮影しており、画面中心から周辺に向かって若干アンダーの傾向が出ています。

ほんの少し、画面上の明るさが変化するだけですが、写真にメリハリが出て、最近好きな撮影方法です。欠点を逆手にとっています。

HD PENTAX-FA 35mmF2 テスト写真⑦

PENTAX K-1MarkII 1/80 f2.0 ISO100 露出補正±0

日本酒を作るには沢山の水を使います。

仕込みの為の水場(恐らく湧水だと思われます)にしめ縄が渡してありました。

広角レンズとは言え、開放f2だと十分な前ボケが得られます。HD PENTAX-FA 35mmF2のボケ味は、若干の2線ボケが見られますが、クセの無い綺麗なボケです。

HD PENTAX-FA 35mmF2 テスト写真⑧

PENTAX K-1MarkII 1/200 f2.0 ISO100 露出補正-0.7

こちらの酒蔵にも梅の花がちらほら咲いており、いい香りが漂っていました。

冒頭のローアングルとは逆に、ハイアングルでの撮影です。PENTAX K-1 MarkIIのフレキシブルチルト式液晶モニターは、単焦点レンズの不便さを、アングルの自由さでカバーしながら撮影出来ました。

夕暮れが近づいて来たので、そろそろ撮影を切り上げて帰ります。

まとめ

HD PENTAX-FA 35mmF2 の性能について、正直申せば、設計も古く写り自体は最近設計されたものよりも劣ると思います。

しかし、それがイコール悪いレンズとならないところが写真の面白いところで、今回はそれを改めて認識するテストとなりました。レンズは性能だけでなく、個性で選ぶ時代になったと思います。

最新のHDコーティングを施しリニューアルする事で、新しいレンズに生まれ変わったという訳ではなく、古いレンズらしい味わいを残しつつ、現代の技術で取り払える悪い要素は取り払った、HD PENTAX-FA 35mmF2 は、そんなレンズに感じました。

RICOH IMAGING (リコーイメージング) HD PENTAX-FA 35mmF2 予約ページ