こんばんは!担当:Kです。

Canon EOS R 用のレンズ「RF50mm F1.2 L USM」をテストしました。

既に同スペックのレンズは一眼用のレンズとしてラインナップにありますが、ショートフランジバックにより、設計的に大きく有利になる、フルサイズミラーレス一眼のEOS R」用レンズとして、どのくらい高性能になっているか楽しみです。

Canon (キヤノン) RF50mm F1.2 L USM 製品写真

Canon (キヤノン) RF50mm F1.2 L USM 新品販売ページ

実写テスト

Canon (キヤノン) RF50mm F1.2 L USM レビュー写真①

Canon EOS R 1/6400 f1.2 ISO100 露出補正±0

クラシックなトラクターで、独特なグリーンのカラーが綺麗です。

RF50mm F1.2 L USMを装着した、Canon EOS Rのファインダーを覗いて、最初に感じたのは、背景ボケがやわらかく綺麗だという事です。

通常、開放f1.2まで明るいレンズを使う事はまれですが、さすがにf1.2ともなると、被写体との距離があっても背景がボケて、表現上強力な武器になります。

しかし、うっかりすると思った場所にピントが来ていなかったりするので、ラフには使えません。

Canon (キヤノン) RF50mm F1.2 L USM レビュー写真②

Canon EOS R 1/8000 f1.2 ISO100 露出補正±0

真っ青な青空をバックに、枯れ木の枝が、まるで毛細血管のように広がる様を撮影してみました。

葉のある時期には気づきませんが、木の枝ってこんなに複雑に張り巡らされているんですね。背景のボケは2線ボケもほとんど無く綺麗です。

Canon RF50mm F1.2 L USM は、大きさ、価格は普通ではないですが、標準レンズという事で、撮影には気軽な気持ちで臨むように心掛けました。平常心平常心。

Canon (キヤノン) RF50mm F1.2 L USM レビュー写真③

Canon EOS R 1/80 f1.2 ISO1250 露出補正+1.0

生け垣の木に、不思議な氷のオブジェがかけてありました。

寒いです。カメラもレンズも金属とガラスの塊なので、冷たくて仕方ありません。

撮影は寒さとの戦いになりましたが、空気は澄んでいて、写真向きなシチュエーションでした。

Canon (キヤノン) RF50mm F1.2 L USM レビュー写真④

Canon EOS R 1/60 f1.2 ISO3200 露出補正+0.7

少し、季節外れですが、ツリーが展示してありました。

大口径f1.2のレンズという事で、こういった条件下でも手振れの事はあまり気にせず撮れるのはありがたいです。又、うっすら残る背景の空の青さが写し撮れるのも、こういったレンズならではだと思います。

残念ながら開放では、画面周辺部で口径食が発生します。

Canon (キヤノン) RF50mm F1.2 L USM レビュー写真⑤

Canon EOS R 1/10 f1.2 ISO12800 露出補正±0

手持ちで星空が撮れます!

現在のデジタルカメラの実力には毎回本当に驚かされます。先日テストした RF28-70mm F2 L USM よりも、一段半明るいレンズという事もあり、かなり沢山の星を写し取る事が出来ました。

月があり、空が明るかったのでこの程度ですが、条件が整えばもっと沢山撮れたかもしれません。恐ろしい時代になったものです。

周辺光量補正はOFFにして撮影しているので、わずかに周辺光量落ちが確認できます。

Canon (キヤノン) RF50mm F1.2 L USM レビュー写真⑥

Canon EOS R 1/80 f1.2 ISO5000 露出補正+0.3

場所を変えてナイトスナップです。

夜間でも手振れの事をあまり気にせずに、思いのまま撮影出来るのは、非常に便利です。

反面、被写界深度は薄くなるので、どこにピントを持って行くかには神経を使います。気軽に撮れるが気軽にはシャッターを押せない難しさが、こういったレンズの楽しさです。

Canon (キヤノン) RF50mm F1.2 L USM レビュー写真⑦

Canon EOS R 1/80 f1.2 ISO10000 露出補正+1.0

車庫に休む横浜線の車両です。

多くの乗客を目的地まで運んだ列車ですが、からっぽの車両が、夜見るとどこか寂しげに見えます。

同じものでも、昼間と夜では見え方に違いがあるように感じるから不思議です。

一眼レフ用レンズとの比較

Canonの50mm F1.2のレンズは、既に一眼レフ用の「EF50mm F1.2L USM 」があります。

一般的に、ミラーレス用のレンズは、ショートフランジバックで設計する事が可能となり、又、映像素子までに光を遮るものがほとんど無い事から、後玉の大型化がし易く、同じスペックのレンズでも高性能化し易いようです。

昨年Canon、Nikonの2社が、フルサイズミラーレスのジャンルに参入したのも、こういった事情が大きな理由の一つではないかと思います。

さて、RF50mm F1.2 L USM は同スペックの一眼レフ用レンズと比較して、性能上の優位性があるのでしょうか。同じCanonの EF50mm F1.2L USM との比較テストをしてみました。

Canon (キヤノン) RF50mm F1.2 L USM レビュー写真⑧

Canon EOS R 1/1250 f1.2 ISO400 露出補正±0

いつもの神社の狛犬で比較しました。

今回のテストでは、ボディ内のレンズ補正を全てOFFにして撮影しています。上の写真は RF50mm F1.2 L USM のものですが、若干周辺光量が落ちているのが確認できます。

上の写真を同アングルで撮影したものを拡大して比較してみます。

違いは一目瞭然ですが、向かって左側の写真が RF50mm F1.2 L USM で撮影したカットです。

明らかに左の写真の方がシャープなのがわかります。カメラはいずれもEOS Rを使用しました。

Canon (キヤノン) RF50mm F1.2 L USM レビュー写真⑨

Canon EOS R 1/6400 f1.2 ISO100 露出補正±0

次に、遠景の描写も比較してみます。

中野のシンボル中野サンプラザです。

先ほどと同様、向かって左側が RF50mm F1.2 L USM で撮影した画像です。

同様に明らかに RF50mm F1.2 L USM で撮影した画像がシャープでコントラストも高い画となっています。又、一眼レフ用の EF50mm F1.2L USM で撮影した画には、色収差の影響か、明暗差の激しい部分にパープルフリンジが出てしまっています。

どうやら性能差は歴然で、ミラーレス用の RF50mm F1.2 L USM の方がだいぶ高性能なようです。

まとめ

大きく高額なレンズですが、相応な実力を持ったレンズです。

特に、一眼レフ用の同スペックのレンズに不満を持っているユーザーには、性能差は歴然なので、是非おススメしたいレンズです。

やはり、ショートフランジバックのレンズは高性能になるようです。被写体にもよりますが、より高性能なレンズを指向するカメラマンには、EOS Rの選択肢は検討の価値があると思います。

ミラーレス一眼カメラの優位性を、レンズ側から強く感じられるテストとなりました。

Canon (キヤノン) RF50mm F1.2 L USM 新品販売ページ