こんにちは!担当:Kです。

SONYの人気のコンパクトデジタルカメラ「RX100シリーズ」の新製品RX100M6の予約が本日よりスタートしました(2018.6.22発売予定)。

SONY (ソニー) デジタルスチルカメラ サイバーショット RX100 VI 新品予約ページ

1incセンサーを採用した人気のシリーズもついに6代目となりました。今のところ、SONY RX100シリーズは新型が発売されても旧タイプを併売する為、お店には6台ののRX100が並ぶことになります。

Zeissの高性能レンズ

レンズやセンサーなど細かい変更を繰り返して来たRX100シリーズですが、6代目のRX100M6で、ついにZeiss T*の35mm判換算24-200mmの高倍率ズームレンズ(実焦点距離9-72mm)が搭載されるに至りました。望遠側が200mm相当となり大幅に強化されています。

明るさはf2.8-4.5となりRX100M5のf1.8-2.8より1.5段ほど暗くなってしまいました。しかし、望遠が200mm(実焦点距離72mm、M5は実焦点距離25.7mm)まで拡張されている為、望遠側でのボケ量はRX100M6の方が大きいと思われます。

レンズにはSONY独自の高度非球面レンズ4枚と、ED(特殊低分散)ガラスを使用したレンズを2枚搭載しており、高倍率ズームでありながら、高い描写力が期待出来そうです。

手振れ補正は光学式で、望遠域で4.0段分の補正効果を発揮します。

動体への対応にも妥協なし!

315点の像面位相差検出方式AFセンサー、AF・AE追従24コマ/秒の高速連写、ファストハイブリットAFは、RX100M5と同様ですが、AF速度は0.03秒とRX100M5の0.05秒よりもさらに高速化しました。

α6500、RX10M4に搭載された高密度AF追従テクノロジーをRX100シリーズで初めて搭載しました。又、BIONAZ Xの進化によりAFの検出精度、速度は向上、AFの追従性能はRX100M5の約2倍となっています。コンパクトデジタルでありながら、動体撮影にも妥協がありません。勿論、SONYの十八番と言っていい瞳AF機能も勿論搭載されています。

この小さなボディにトップクラスのミラーレス一眼と同等の機能が入っているのは驚きです。

コンパクト

RX100M6は24-200mm相当の高倍率ズームが搭載されたことで、ボディが大きくなってしまうのでは?という懸念もあります。しかし、ボディの大きさは非常にコンパクトに仕上がっています。

 

幅101.6mm×高さ58.1mm×奥行42.8mm 重量も274gと十分軽量になっています。ちなみにRX100M5は幅101.6x高さ58.1x奥行41.0 mm 重量299gですので、大きさはほぼ変わらず、重量は若干ながら軽量化が図られている事になります。

RX100シリーズの大きさがどれもほぼ同じな事を考えると「大きさを変えない」「高性能である事でコンパクトさを損なわない」というのは、RX100シリーズに脈々と受け継がれるプライドなのかもしれません。

そういえば、大きさが変わらなくて驚かされたのは、ファインダーを内蔵したRX100M3の時に一度経験していますね!

この薄さの中に12群15枚の高倍率ズームを収納しているのは凄い!

これでファインダーまで内蔵されているのは驚異です。SONYの技術力の高さに改めて脱帽してしまいます。

動画性能

最近のSONYのカメラは「写真カメラ」と「動画カメラ」のバランスが非常にいいものが多いですが、RX100M6もその流れを継承しています。

4K 60p 100Mbps 動画を内部記録、勿論S-Log3にも対応し、高度なカラーグレーディングにも対応します。トレンドのHDRは4K HLG方式にサイバーショットで初めて対応しています。ハイフレームレートはFHD 960fpsのスーパースローモーション撮影が可能です。

高速なAF、高性能な高倍率ズームレンズによる高画質なコンパクトデジタルカメラとして、時には一眼デジタルのサブ機として、荷物を減らしたい時などはオールインワンのメイン機として、ユーチューバーの方などには自撮りも出来る動画用オールラウンド機として、活躍しそうです。

アクセサリー

三脚にもなるシューティンググリップ「VCT-SGR1」が8月下旬発売予定です。

シューティンググリップとして、シャッター、RECボタン、ズームの操作が可能で、チルト機構と併せて、アングルの自由度が上がりそうです。

又、ミニ三脚に変形出来るようになっており、Youtubeへの投稿用動画の撮影などで、かなり便利そうです。

こちらのアクセサリーはRX100M6だけでなく、RX100M2以降のRX100シリーズカメラと、RX0、HX90V、HX60V、WX500に使用可能です。

SONY (ソニー) シューティンググリップ VCT-SGR1 新品予約ページ

まとめ

RX100M6は、コンパクト、高画質でありながら、200mm相当の望遠までをカバー出来るようになった、オールラウンドなコンパクトデジタルに進化したと思います。時にメインとして、時に一眼デジタルのサブカメラとして、非常に幅の広いユーザーに利便性の高いカメラとなりました。

又、AFの高い基本性能や、4K HLGをサポートした事で、高画質な動画用オールインワンカメラとして、特にYoutubeに動画を頻繁にアップするユーチューバーからも高い支持が得られそうです。1incセンサーという事で、低照度時などで一眼デジタルと比べてやや不満が残るかもしれません。そんな時、S-Log3を使う選択肢があるのもメリットだと思います。

写真用のオールラウンドカメラとしてだけでなく、動画用のオールインワンカメラとしてもおススメです!

SONY (ソニー) デジタルスチルカメラ サイバーショット RX100 VI 新品予約ページ