こんばんは!担当:Kです。

その切れ味の素晴らしさから、「カミソリマクロ」の二つ名をもつSIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACROが、Artシリーズ初のマクロレンズとして新設計、「70mm F2.8 DG MACRO | Art」として、新発売されました。

SIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACRO | Art 新品販売ページ

SIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACRO | Art レビュー 写真①

日々充実していくSIGMA Artシリーズに、ついにマクロレンズが加わりました。マクロが楽しくなるシーズンを前に、超高性能を誇るArtシリーズにマクロレンズがラインナップされた事は嬉しいかぎりです。

AFスピード

現在、多くのマクロレンズがインナーフォーカス方式を採用する中で、SIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACRO | Art は、レンズ繰り出し方式を採用。性能を第一義とするSIGMA Art シリーズらしい選択だと思います。

SIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACRO | Art レビュー 写真②

実際に使用してみると、AFについては正直言って遅いです。例えばCanonのEF100mm f2.8 L マクロの様なスピード感は無い為、被写体(例えば昆虫の様な動くもの)によっては、置きピンなど工夫が必要だと思います。

又、全長が大きく変化する為、ファインダーを覗きながら夢中になっていると、レンズ先端が被写体にかなり近づいてしまい、被写体に逃げられてしまう事もありました。前玉を保護するフィルターは必須だと思います。

マニュアルフォーカス

レンズと、フォーカスリングが物理的につながっていないバイワイヤ方式を採用。

フォーカスリングは滑らかで使い易いものです。しかし、フォーカスリングの動きに対するピントの移動スピードがやや遅いと感じました。これは、撮影者の好みの分かれる部分なので、一概に悪いとは言えません。しかし、出来ればUSBドックを介して、MFのスピードを変えられるようにしてもらえると嬉しいです(出来れば回転方向も変えられるとなお嬉しい!さらに言うなら、将来的にはズームもバイワイヤ方式にして、ズームの回転方向も変えられると嬉しい(笑))。お願いSIGMAさん!

又、距離指標は鏡筒に刻んであるタイプです。個人的にはフォーカスリングに距離指標が無いのは残念です。速いフォーカス移動の際は、レンズが伸びるのでいいのですが、ゆっくりフォーカスすると、無限遠側にフォーカスが動いているのか、近接側にフォーカスが動いているのかわかりません。

私のように、いくつかのメーカーを併用して使うユーザーにとって、左右どちらに回せば近接、無限遠になるのか目視で確認出来る距離指標は、撮影のストレスを軽減してくれるので、あると助かります。

SIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACRO | Art レビュー 写真③

実写テスト

さて、操作については注文ばかりつけてしまいましたが、このレンズの真骨頂はその光学性能の高さにあります。早速実写テストをしてみました。マクロのテストという事で、ローアングルを見越してカメラはバリアングル液晶を搭載した、Canon EOS6D MarkⅡを使いまいした。

SIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACRO | Art レビュー 写真④

Canon EOS6D MarkⅡ 1/320 f2.8 ISO200 露出補正+1.0

5~6月は薔薇の開花のシーズンです。撮影に出かけた場所でも色とりどりの薔薇が咲いていました。

SIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACRO | Art は、ピントの合った場所がシャープなだけに、とろけるようにボケた部分とのコントラストが綺麗です。見た目以上の奥行き感があるレンズだと感じました。

SIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACRO | Art レビュー 写真⑤

Canon EOS6D MarkⅡ 1/2000 f8.0 ISO800 露出補正+0.7

等倍まで撮れる、本格的なマクロレンズですので、出来るだけ最短撮影距離付近で撮影するようにしました。

SIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACRO | Art レビュー 写真⑤拡大

上の写真からの拡大イメージです。花粉の一粒一粒まで、克明に描写されています。一部分の切り出しイメージとは思えない程のシャープネス!ここまで拡大して、眠さを一切感じない描写能力は、驚きを超えて呆れるレベルです。

誰だ!AFが遅いとか言ってた奴は!(笑)

SIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACRO | Art レビュー 写真⑥

Canon EOS6D MarkⅡ 1/800 f8.0 ISO800 露出補正+0.7

マクロ撮影は、ピントを合わせてシャッターを切るまで、息を止めているので疲れます。おじさんには辛い撮影です。

しかし、たまに画像を拡大して確認すると、思った以上に写っているので、だんだん楽しくなって来ました。レンズの凄さに引っ張られるかっこうで、撮影が進んでいきます。

SIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACRO | Art レビュー 写真⑦

Canon EOS6D MarkⅡ 1/250 f11 ISO400 露出補正+0.7

花の上に数ミリの小さな虫が乗っていました。

小さな昆虫たちの世界。マクロレンズで覗き見る世界は、人の目には見えない、おとぎの世界のようです。シャープなレンズがそんな世界を着実に切り取ってくれます。

SIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACRO | Art レビュー 写真⑦拡大

上の写真からの拡大イメージです。虫よ、この小さな世界で何を思う?

細かい模様や、足やお腹についた花粉など、目に見えない世界が切り取れました。

f11まで絞っていますが、等倍付近の撮影の為、虫の鼻の部分はピントが来ていません。もう少し絞って撮影した方が良かったです。

SIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACRO | Art レビュー 写真⑧

Canon EOS6D MarkⅡ 1/800 f2.8 ISO100 露出補正±0

5月23日は「キスの日」だったそうです。というわけで、池の鯉のキスシーンを。

水面の滑らかな質感描写は、高性能なレンズでないと表現しずらい部分です。抜けのいいレンズは、細かな微細描写だけでなく、こういった質感描写も得意とするものが多いです。

SIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACRO | Art レビュー 写真⑨

Canon EOS6D MarkⅡ 1/800 f2.8 ISO100 露出補正+0.7

少し距離を取ってのカットです。

70mmという焦点距離から、マクロレンズとしてだけではなく、中望遠レンズとして使用する方も多いと思います。SIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACRO | Art は、奥行き感のある、やわらかい、いい感じのボケ味だと思います。

SIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACRO | Art レビュー 写真⑨拡大

上の写真からの拡大イメージですが、ピントの合った部分がものすごくシャープです!葉脈の細かい部分まで完全に再現されています。

このレンズを、マクロとしてだけ使うのは少々もったいないかもしれませんね。

SIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACRO | Art レビュー 写真⑩

Canon EOS6D MarkⅡ 1/500 f8.0 ISO400 露出補正±0

春の日差しを浴びて、ナナホシテントウが佇んでいました。真っ赤な鞘翅(サヤバネ)が太陽の光を反射して綺麗です。

普段よく目にするテントウ虫ですが、よく見ると、ヘルメットのように縁の部分が反り返っていたり、ツルっとしたサヤバネも実は凸凹していたりと、マクロレンズを通して見ると、色々発見がありました。

まとめ

素晴らしく高性能なレンズです。

正直言って、AFのスピードや操作性など、注文を付けたい部分もあります。しかし、撮影後、画像を確認して、操作性の悪さなどをすっかり忘れました。

レンズが引き起こすノイズをほとんど感じさせない描写力は、「シャープ」であるというイメージの「カミソリ」という二つ名にも違和感を覚えました。シャープなだけではない、どこまでもクリアな、透き通ったレンズです。

フォーカス機構にレンズ繰り出し方式を採用した為でしょうか?価格もArtレンズとしては安く抑えられ、SIGMAのArtシリーズレンズの良さを堪能できる、Artシリーズ入門レンズとしてもおススメです!

SIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACRO | Art 新品販売ページ

おまけ

さて、カミソリマクロを襲名するレンズも2本目という事で、新旧対決をしてみました!使用したカメラはCanon EOS5D MarkⅣです。

SIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACRO | Art レビュー 写真⑪

SIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACRO | Art レビュー 写真⑫

どちらがArtでしょうか?一部分を拡大してみましょう!

SIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACRO | Art レビュー 写真⑪⑫拡大

上が 70mm F2.8 DG MACRO | Art 下が旧カミソリマクロです。

拡大イメージを見ると、細い糸の繊維が、上に比べて下の写真の方が少し、つぶれ気味なのがわかると思います。

やはり、Artのタイプの方が高性能になっているのです。しかし、旧タイプもかなり高性能で、ビックリしました。「カミソリマクロ」の二つ名は伊達じゃぁないですね!

SIGMA (シグマ) AF 70mm F2.8 マクロ EX DG 中古検索ページ