こんばんは!担当:Kです。

「カミソリマクロ」の異名で有名なSIGMAの70mmマクロが、「Art」ラインシリーズ初めてのマクロレンズとして、リニューアルされます。

SIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACRO | Art 新品予約ページ

Artシリーズ初のマクロレンズ

そのシャープな描写から「カミソリマクロ」の異名を持っていたSIGMAの70mmマクロですが、現在はディスコンとなりラインナップされていません。その「カミソリマクロ」がArtシリーズとしてリニューアルされます。

となれば、勿論ユーザーの最大の期待はその高い光学性能だと思います。

CP+で、70mm F2.8 DG MACRO A|Artの試作品をご覧になった方も多いと思います。手に取って一目でわかる特徴の一つが、最近のマクロではスタンダードな、インナーフォーカス方式を採用していない点です。

現在、各社のマクロレンズがAFの高速化などを理由に、インナーフォーカス方式を採用しています。そんな中、70mm F2.8 DG MACRO A|Artは、時代遅れともとれる繰り出し式フォーカスの採用。光学設計を第一義とするならば、インナーフォーカスよりも繰り出し式フォーカスの方が有利と判断。「画質本位」をうたう、Artラインらしい決断があったようです。

「画質本位」の光学設計

「画質本位」を最優先に設計されたレンズには残存色収差を除去する為に、特殊低分散ガラス「FLDガラス」を2枚、「SLDガラス」を2枚採用しています。

シグマの特殊低分散ガラスのグレードはELD→SLD→FLDの順に効果が高くなっていくので、上位2グレードのレンズを2枚づつ4枚使用している事になり、高い光学性能へのこだわりを感じます。

勿論絞りは円形絞りを採用しています。フォーカスは2つのフォーカス群を異なった移動距離で繰り出すフローティングフォーカスを採用する事で、撮影距離の変化による収差変動を抑えています。

写真はフローティングを手動で行うタイプのレンズ、ハッセルブラッドのCFi 50mm F4です。今は、あたりまえのように、自動でフローティングが出来るようになりました。便利になったものです。

「カミソリマクロ」の名に恥じない、高い高額性能への期待が高まります!

しかし、こんな高価なレンズを惜しみなく使っている割に、価格がそんなに高くないのには、少し心配になりました。しかも、SIGMAオリジナルのMTF計測器「A1」による全数検査・・・メーカーはちゃんと儲かっているのでしょうか?

各カメラメーカーの補正機能に対応

SONY用は、MC-11同様、ボディ内手振れ補正、ボディ内収差補正(周辺光量補正、倍率色収差補正、歪曲収差補正)に対応。又、MC-11では未対応のコンティニアスAFも使用可能となっており、純正レンズ並みの快適な使用感を実現しているようです。

SONYは動画撮影時、フォーカスモードは「AF-C、MF」の2つのモードから選択する事になります。AF-Cに対応していない、MC-11使用時は左の写真のように、フォーカスモードの選択が出来なくなる(=MFのみ)ようです。

又、Canon用についてはレンズ光学補正(レンズ光学補正、周辺光量補正、色収差補正、歪曲収差補正)に対応。以前であれば、補正をONにすると画像が破綻するケースがありましたが(メーカーは補正をOFFにするよう案内)、70mm F2.8 DG MACRO A|Artでは安心して使用出来ます。

テレコンバーターが使用可能

マクロ撮影は、自然風景で使用されることが多い為、被写体までの距離が遠く、撮影を諦める、トリミングで逃げる、といったケースが発生すると思います。

70mm F2.8 DG MACRO A|Art ではSIGMA純正のテレコンバーター(TC-1401、TC-2001)に対応(SONY Eマウント用は除く)しており、TC-1401使用で98mm F4、TC-2001使用で140mm F5.6の中望遠マクロレンズとして使用可能です。

※TC-1401は0.5m~∞までのAFが可能、TC-2001ではMFとなります。

その他

フォーカスリングと駆動部の機械的な連結を無くした「バイワイヤ方式」を採用。最新のコアレスDCモーターと併せて、駆動音の低減、フルタイムマニュアルを実現しています。

又、SIGMA純正のマクロフラッシュ「EM-140 DG」を別売のマクロフラッシュアダプターで装着、使用が可能となりました。

ここでちょっとSIGMAさんにお願いが。せっかくマクロフラッシュが使用可能になったという事ですが、正直言って、マクロリングライトは大きくて、使うのが大変です。コンパクトなマクロ用のリングLEDライトがあったら、等倍近くで撮影するユーザーの方は重宝するんではないでしょうか?

よろしくお願いします!

まとめ

SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO A|Art は、SIGMAらしいコンセプトに貫かれたレンズです。

繰り出し式フォーカスの採用など、普通なら「あれ?」と思うのですが「画質優先の設計思想」が貫かれた結果だと聞くと、納得させられてしまいます。

こういったSIGMAのものづくりに対するブレない「思想」が、すっかり定着したな、と感じました。

SIGMA (シグマ) 70mm F2.8 DG MACRO | Art 新品予約ページ

◆◆◆◆◆◆◆

50mm F1.4 DG HSM |Art、85mm F1.4 DG HSM |Art SONY Eマウント

併せて、既に高画質で定評のある「50mm F1.4 DG HSM |Art」「85mm F1.4 DG HSM |Art」のSONY Eマウントが発売となります。

50mm F1.4 DG HSM |Art SONY Eマウント

併せて、既に高画質で定評のある「50mm F1.4 DG HSM |Art」「85mm F1.4 DG HSM |Art」のSONY Eマウントが発売となります。MC-11では未対応のコンティニアスAFも使用可能となっている事が専用を使うメリットになりそうです。

ところで、50mm F1.4 DG HSM |Art はともかく、85mm F1.4 DG HSM |Artは巨大なレンズです。フルサイズとしてはコンパクトなα7シリーズに装着してどうなんでしょう?

試しにマウントアダプターMC-11を使って、α7Ⅱに取り付けてみました。

デカい!しかし思った程デザイン的な違和感はありません。むしろちょっとカッコいい!

角度を変えて、上から見てみましょう。

おお!カッコいい!

意外なほどSONYのデザインと、SIGMAのデザインがマッチしました。既に画質については定評のあるレンズです。

コンティニアスAFを使うかどうかが、専用を使うかのどうかのポイントになるでしょう。

SIGMA (シグマ) 50mm F1.4 DG HSM | Art ソニーEマウント 新品予約ページ

SIGMA (シグマ) Art 85mm F1.4 DG HSM ソニーEマウント 新品予約ページ