こんばんは!担当:Kです。

本日タムロンより以前より開発が発表されていた「28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)」の発売日が発表となりました。

TAMRON (タムロン) 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) ソニー E マウント 新品販売ページ

タムロンの28-75mm f2.8と言えば、一眼レフ用のレンズとして「高性能・低価格」のレンズとして現役の「SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical 〔IF〕 MACRO (A09)」があります。モデルA09は2003年発売当時は、高性能と言われたレンズです。

しかし既に15年の月日が流れ、2,000万画素を超えるデジタル一眼が普通になった現在、f2.8のリーズナブルなレンズとしての価値は失われないまでも、描写力についてはやや古くささを感じるレンズになってしまいました。

その28-75mmが大幅リニューアル「28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)」としてミラーレスのSONY Eマウント用で新発売となります。

レンズ性能

「28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)」は焦点距離、明るさこそA09と同じですが、レンズは新設計となります。

設計はミラーレスカメラ専用に行われています。

後玉からセンサーまでの距離を短くとれる、ミラーレスカメラの特性を生かした設計となっていると思われ、一眼レフ用を超える好描写が期待出来そうです。

コーティングは多くのタムロンレンズで採用されている、高波長域多層反射防止膜(BBARコーティング)を採用、レンズ表面での反射を最小限に抑える事で、フレア、ゴーストの発生を抑え、描写力を向上させています。

絞りは9枚羽根の円形絞りを採用。90mmマクロを筆頭に、タムロンはボケの美しさに定評があります。この「28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)」もその部分に配慮した設計になっているようです。

機能

鏡筒には簡易防水がなされ、SONYのα7シリーズカメラの多くが「防塵・防滴に配慮した設計」となっている事とも整合性が取れます。又、SONYカメラの多くの機能(ファストハイブリットAF、瞳AF、DMF、カメラ内レンズ補正、カメラによるレンズ本体ファームアップデート)に対応しており、純正並みの快適さで、レンズを使用出来そうです。

建物など撮る時カメラ内「歪曲収差補正」はとても便利です。SONYの歪曲収差補正は画角の変化も小さいと感じます。

最短撮影距離は広角28mm側で19cm(撮影倍率1:2.9)、望遠側で39cm(撮影倍率1:4)です。あえてズーム全域で最短撮影距離を一定にしない事で、撮影倍率を高くしやすい広角側での1:2.9を実現しています。

先日の70-210mm f4同様、近接の強さは最近のタムロンの強みの一つになっているようです。

AF駆動にはステッピングモーター「RXD」を採用。静かで速いAFを実現しています。最近のタムロンのAFの高速化には目を見張るものがあります。静粛なモーターは、動画撮影時にマイクが音をひろいにくいというメリットもあります。

大きさ・デザイン

ボディデザインは、最新のタムロンのデザインで高級感があります。全長は117.8mm、最大径73mm、フィルター径は67mm、重量は550gです。SONYの純正レンズ FE 24-70mm F2.8 GM が重量886gですので、小型、軽量と言っていい大きさ重さだと思います。

フィルター口径67mmと大口径レンズとしては細身でコンパクトな28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)

ボディがミラーレスで小さくても、レンズが巨大だとメリットが半減してしまいます。タムロンの「28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)」は、小型、軽量、高性能という、フルサイズミラーレスの特質を損なわないレンズと言えるでしょう。

こういったレンズでは一般的な花形フード

設計コンセプト

開放でやわらかく、2段絞ってシャープにというコンセプトで設計されているそうです。素晴らしい試みだと思います!

シャープな描写が悪いという事ではありません。設計のコンセプトに「レンズの味」を持ってきた事に大いに共感を覚えます。Zeissの標準レンズ「プラナー」のように、カメラマンに使いこなす喜びを与えてくれそうです。

レンズメーカー各社が、同じ目標に向かってしのぎを削るより、新しい目標をつくり、それをメーカーの強みとしようというメーカーが現れた事は、ユーザーとしては非常に嬉しく思います。レンズを性能だけではなく「個性」で選ぶ時代が本格的に訪れる予感がします。

まとめ

「28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)」はSONYユーザーとして、かなり嬉しいレンズの登場です!

小型、軽量、高性能、低価格(純正と比較して)のフルサイズ用標準レンズの登場は、SONY フルサイズミラーレス一眼への乗り換えを検討していたユーザーには朗報だと思います。

かく言う私も現在α6300を使っていますが「そろそろフルサイズに切り替えようかな?」と思わせるインパクトがありました。

ズームの動きや、実際の描写性能など、早く見てみたいです。ワクワクするレンズが登場しました!

TAMRON (タムロン) 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) ソニー E マウント 新品販売ページ