こんばんは!担当:Kです。

昨日、SONYのフルサイズミラーレス一眼、α7Ⅲが発表となりました。

一夜にして旧型となってしまった「α7Ⅱ」は、α7シリーズの中核をなすカメラとして、フルサイズ機としては比較的安価な販売価格も含めて「フルサイズミラーレス一眼」を広く一般的にした「名機」と言っていい機種だったと思います。

そのα7Ⅱが3年ぶりにリニューアルされました。

α7Ⅲは「Ⅲ」を冠した新世代のα7シリーズの、α7RⅢにつづいて2つ目の機種となります。恐らく価格的にも7RⅢより低価格な、より身近なカメラとなる事が予測され、そのスペックが気になるところです。

ついに裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R」を搭載

今回のリニューアルで、最もエポックメーキングだと感じるのは、2420万画素の 「 Exmor R」 センサーを搭載した事です。α7RⅡ、Ⅲに続いて、2420万画素のセンサーにも 裏面照射型CMOSセンサー が搭載された事になります。

プラス新世代BIONZ Xが搭載され、 静止画時の常用感度はISO 51200(α7Ⅱ:ISO 25600) までとなり、広いダイナミックレンジの実現、α7Ⅱに比べて1.5段分の画質向上が見込まれるようです。

α7RⅢでは、センサーは旧来のα7RⅡと同じものが使われており、新世代BIONZ Xによる画質向上が主な違いでした。しかし、α7Ⅲでは、上位機種と同じく、フルサイズの裏面照射型センサー(Exmor R)+新世代BIONZ Xによる、高画質化が図られており、画素数と高感度特性の両立を図りたいユーザーや、動画と写真の両方を重視したいユーザーには嬉しい改良と言えるでしょう。

カメラの基本性能は2420万画素の7RⅢ?

AF速度、追随性能ともにα7Ⅱに比べて2倍向上、最高10コマ/秒の連写、サイレント撮影への対応など、先に発売された、α7RⅢと同等の機能を有しています。いわば、2420万画素の 7RⅢといったおもむきです。

又、AFについてはα9に搭載された画像エリアの93%をカバーする693点像面位相差AFセンサーを搭載。α7RⅢとα9の弟分として、非常にバランスのいいカメラとなっています。

メーカーではα7Ⅲを「Basic」グレードとして位置付けているようですが、カメラの基本性能は他の兄弟機に見劣りしない立派なものとなっています。

操作性

背面の写真を見る限り、α9以降のSONYのカメラに共通した操作性の様です。個人的には、フォーカスポイントを素早く変更出来るジョイスティックが付いているのは嬉しい変更点です。

画面をタッチして、フォーカスポイントを瞬時に選択可能なタッチフォーカスを搭載しています。

又、ファインダー倍率が0.78倍(α7Ⅱは0.71倍)となり、T*コーティングが施されたファインダーはα7Ⅱより見やすいものとなっています。

ちょっと残念なのは液晶モニターのドット数が約92万ドットと、α7Ⅱ(約122万ドット)よりやや劣るところです。省電力との兼ね合いなどもあると思いますが、頑張って欲しかったところです。

バッテリー

バッテリーがNP-FW50の2.2倍の容量を持つ、NP-FZ100になり、ミラーレスカメラとして業界最大となる静止画710枚(LCDモニター使用時、CIPA規格準拠)の撮影が可能という事です。α7Ⅱが350枚(同)である事を考えると画期的な事だと思います。

残念ながら、今まで「電池の持ちについて良くない」という評価が多数だったSONYのミラーレス一眼カメラで、撮影枚数の多さをうたっているのを見るのが、少し新鮮でした。

動画性能

ついに4Kに対応しまいた!(残念ながらDCI 4Kは非対応)。又、HDR規格である「HLG( Hybrid Log-Gamma )」撮影も可能となり、先進の動画機能とは言えないまでも、手堅くトレンドの機能に対応した事になります。勿論S-Log3記録も可能。

新センサーと 新世代BIONZ X により、高感度、低照度特性が向上していると思われる事から、動画機としても高画質である事が期待出来ます。

フルサイズ機は優れた階調表現やシャープネスにより「写真」では非常に魅力的です。プラス動画機能もトップクラスとは言えないまでも、トレンドを抑えた充実したもので、写真と動画の兼用機として、非常にバランスのいい機種と言えるでしょう。

動画好きとしては、α6500などのスーパー35(APS-C)カメラとの画質比較を見てみたいところです。

まとめ

価格次第ではありますが、フルサイズミラーレス一眼カメラとして、非常にバランスのとれたカメラだと感じます。α7RⅢとの比較でも、高画素が必要無いなら、α7Ⅲをおススメしたいくらいです。

メーカーがBasicという位置づけをしているのが不思議に感じるくらいです。