あけましておめでとうございます!担当:Kです。

本年もフジヤカメラのブログをよろしくお願いします!

さて、フジヤカメラのブログ今年の撮影初めは、昨年12月23日より運用を開始した、中央線のL特急「E353系 スーパーあずさ」を中野駅で撮影して来ました。

WEBで調べたら、15:30(上り新宿行)と16:09(下り松本行)くらいに中野駅を通過するようです。今回は、人気のコンパクト望遠ズーム「TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD」をCanon EOS7D MarkⅡに装着して撮影しました。

TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)新品販売ページ

Canon EOS7D MarkⅡ 1/640 f6.3 ISO640 露出補正±0 焦点距離352mm

おおおカッコいい!まだ見慣れていない車両の為、新鮮です!

新宿行きを1番線→7,8番線ホーム、高円寺側で撮影しました。列車を真正面から撮影する事になる為「顔」の部分だけしか写りません。

テクノバンドの「ダ〇フト・パ〇ク」を思い出すのは私だけでしょうか?

今回は、自立一脚も使用せず、完全な手持ちでの撮影でした。TAMRONのVCは優秀で、ファインダー上の画像はブレることなくフレーミングに集中出来ます。

上の画像からの拡大です。細かい文字まで読めて、解像感は十分ですが、やや柔らかめの描写でしょうか。

Canon EOS7D MarkⅡ 1/800 f4.5 ISO640 露出補正±0 焦点距離100mm

隣には、回送となる「E351系→E257系 あずさ」が停車していました。今後は徐々に「E353系」に入れ替わっていくのでしょう。

隣の線路でE353系が通過していくのを見送るE351→E257系が少し寂しげに見えました。

Canon EOS7D MarkⅡ 1/640 f6.3 ISO640 露出補正±0 焦点距離400mm

中野駅は「中央線」「総武線」「東西線」の3路線が乗り入れている為、ちょっと待っているとどんどん列車が入線して来ます。

総武線のシルバーのボディが綺麗です。

Canon EOS7D MarkⅡ 1/250 f7.1 ISO800 露出補正±0 焦点距離400mm

次の「E353系」がやって来るまで、他の列車を撮影して練習します。Canon EOS7D MarkⅡは測距点も広く、AI SERVOの食いつきもいいので、こういった撮影では重宝します。

そうこうしているうちに、松本行の「E353系 スーパーあずさ」がやって来ました。

Canon EOS7D MarkⅡ 1/640 f7.1 ISO1000 露出補正±0 焦点距離400mm

今度は松本行を同じく1番線→7,8番線ホームの新宿側で撮影しました。

列車が通過する3番線→5,6番線ホームを斜め正面から撮影する事になる為、今回は後ろの車両が写りました。

列車の撮影はやはり400mmくらいの超望遠があると、不要な部分を排除したり、圧縮効果を利用したり出来るので、便利です。

TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USDはコンパクトで持ち運びも楽ですし、手持ちでも苦しくない重さ(約1,115g)なので、鉄道ファンには是非おススメしたいレンズです。

TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)新品販売ページ

昨年から使ってみたいと思っていたTAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USDをやっと試せて良かったです!