こんにちは!担当:Kです。

OLYMPUSさんのご厚意で新製品の「M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO」をテストさせていただきました。

「M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO」は開放F値1.2の単焦点PROシリーズの第三弾になります。今月発売となった「M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO」につづいての発売です。

OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO 予約ページ

Mフォーサーズシステムはセンサーサイズが小さい為、どうしても焦点距離が短くなります。よってボケが小さくなるのがデメリットだっただけに、このように明るいレンズシリーズが発売されるのを、ありがたく感じるユーザーも多いのではないでしょうか?

掛川花鳥園

今回は「オレため」担当の高山も良く行っている撮影地、静岡県の「掛川花鳥園」でテスト撮影を行いました。

ここは、巨大な温室の中でインコやオウムなどの南国の鳥たちが放し飼いとなっている「鳥」のテーマパークです。

ちょこちょこと動き回る鳥たちを撮影するのは結構大変ですが、なにせ沢山いるので、シャッターチャンスは沢山あります。根気よく止まった瞬間を狙いますが・・・

M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO テスト写真①

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 1/1600 f1.2 ISO200 露出補正±0

動いている鳥を撮るのはなかなか大変なので、止まった鳥をさがして撮りました(笑)。

次回までにはもう少し精進しておきたいと思います。

M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO テスト写真②

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 1/6400 f1.2 ISO200 露出補正±0

やっぱり止まった鳥の写真です。すみません。M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PROは最短撮影距離が20cmなのも、近接時距離に気を遣わずに撮影出来て良かったです。

又、AFが合わない時、フォーカスリングを引いて、ワンタッチでAF/MFの切り替えが出来るのもいいですね。

少し拡大してみると、ピントの合った部分の描写は非常にシャープです。

M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO テスト写真②拡大

目に「キラーン!」が入っていました。羽毛の一本一本まで克明に描写されており、非常にシャープです。17mmとは言え、開放はピントがかなり薄いので、注意が必要です。

M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO テスト写真③

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 1/6400 f1.2 ISO400 露出補正±0

鳥かごの中で、お見合い大作戦中のインコ達。手前側の網は、開放F1.2で完全に消すことが出来ました。が、影が映ってしまいました。惜しいです。

M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO テスト写真④

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 1/6400 f1.2 ISO400 露出補正±0

掛川花鳥園には、温室の中に大きなハス池が作ってあります。特に夕方、日の光が斜めに入ってくる時間帯は、池の黒と、鮮やかな花の色のコントラストがとても綺麗です。

少し拡大してみると・・・

M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO テスト写真④拡大

やはり非常にシャープです。また、このレンズシリーズの真骨頂であるボケ味も柔らかく綺麗です。点光源のボケもいい感じ。

温室の中にある為、年中ハスの花が咲いているのが見られるのも、行って残念な思いをせずにすむので、便利です。冬も暖かいですしね。

温室の中の為、天井の梁が写ってしまうのがちょっと残念です。

昭和記念公園

立川駅から少し歩きますが、昭和記念公園では2017年12月2日(土)~12月25日(月)の期間で「ウインタービスタイルミネーション」が開催されています。

昭和記念公園ウインタービスタイルミネーション

せっかく明るいレンズをお借りしたので、イルミネーションを撮影するために訪れました。

M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO テスト写真⑤

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 1/60 f1.2 ISO800 露出補正±0

掛川花鳥園とは打って変わって、極寒の中での撮影となりました。イルミネーションは入園料だけで観る事が出来ます。

寒い時期は、手がかじかんで操作がおぼつかなくなりますので注意が必要です。私もフィルターを落としそうになり、焦りました。

M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO テスト写真⑥

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 1/40 f1.2 ISO200 露出補正±0

今回はフィルターメーカーのmarumiさんのご厚意でDHG STAR CROSS 4×をお借りしました。この時期の定番フィルターです。

MARUMI (マルミ) DHG クロスフィルター新品販売ページ

使うと写真がにぎやかになっていいのですが、うるさくならないように使うのが、思ったより難しくて、意外と技術とセンスがいるのに驚きした。写真は奥が深いです。

M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO テスト写真⑦

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 1/50 f2.0 ISO200 露出補正±0

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 1/50 f2 ISO200 露出補正±0グラスの中のイルミネーション。インスタ映えを狙いました。

昭和記念公園のイルミネーションは、グラスのタワーが多用されており、水の中を通った光が綺麗です。

M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PROは点光源も綺麗な円形で、夜景撮影には使いやすいレンズでした。口径食も四隅の部分で少し出る程度です。

M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO テスト写真⑧

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 1/30 f1.2 ISO200 露出補正±0

四隅に若干口径食が出ていますが、点光源のボケもおおむね綺麗です。Mフォーサーズは低照度にやや弱いかと思いましたが、このくらいの光があれば、デメリットはあまり感じませんでした。

まとめ

性能については、先日レビューした「M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO」の画角がそのまま広がったレンズという印象です。45mmを使った時も感じましたが、開放1.2という明るさは、焦点距離の短いMフォーサーズでこそメリットがあると感じました。

「開放f1.2」「美しいボケにこだわる」という、同じコンセプトのレンズが画角を変えて3種類ラインナップされる事で、OLYMPUSのシステムの価値がまた一段上がったと感じました。やはり3本全てを持っていたくなるレンズです。

OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO 予約ページ

おまけ

いまさらですが、OLYMPUSのArtフィルター「ドラマチックトーン」が楽しかったので、おまけとして報告しておきます。夜の街が本当に「ドラマチック」になって、凄く楽しいです!

M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO テスト写真⑨

OLYMPUS DIGITAL CAMERA