こんばんは!担当:Kです。

先日、「Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4」「PENTAX-FA 43mmF1.9 Limited」について、選択するF値による画質の変化についてレポートしました。

「Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZF」F値の変化による画質の変化

「PENTAX-FA 43mmF1.9 Limited」F値の変化による画質の変化

2本のレンズともに、画質の変化が楽しめ、面白い結果となりました。今回は逆に、選択するF値による画質変化がほとんどないレンズについてレポートしたいと思います。

選んだレンズは「Carl Zeiss Milvus 1.4/50」、テストボディはNikonの超高画素機D850を使用しました。

 Carl Zeiss Milvus 1.4/50 本体写真

Carl Zeiss Milvus 1.4/50 実写

高性能で名高いレンズです。高性能すぎて、昔の「Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4」を懐かしむ声すら聞こえるレンズです。以前、私も別のレンズとの比較で使用した際、開放からとてもシャープで、印象深いレンズでした。

 Carl Zeiss Milvus 1.4/50 テスト写真全体

開放F1.4からテスト撮影をしました。上の写真から、既に背景ボケが素晴らしく綺麗なのがわかります。さすがCarl Zeissだ!

今回もライブビューを使い、部分拡大をして慎重にピントを合わせます。「Carl Zeiss Milvus 1.4/50」はMF専用レンズです。そのおかげで、フォーカスリングの操作感が抜群にいいです。

D850のライブビューの拡大は最大で16倍まで出来ます。この状態で追い込んでピント合わせをしようと思うと、操作感が悪いレンズも少なくないのですが、Milvus 1.4/50は広く取ったフォーカスリングの角度と、グリス感のあるヘリコイドの動きで、素晴らしくピント合わせがし易く、結果、非常に高精度なピント合わせが行えたと思います。

Carl Zeiss Milvus 1.4/50 テスト写真拡大

上の写真のピント部分の拡大です。やはり素晴らしくシャープです。しかし超高画素機(D850/4575万画素)と高性能なレンズの組み合わせは、ピントが薄いですね!

ちなみに以前テストした「Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4」の拡大写真は、

Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 テスト写真

柔らかいですね!全然違います。どちらがいいかは撮影者の意図次第だと思いますが、両者ともになかなか個性があって面白いです。しかし、同じメーカーのレンズとは思えません(笑)

※前回はD810でテストしており、同じピクセル数で切り出している為、拡大率が少し大きくなっています

高画素デジタルカメラの普及で、レンズに求められるものも変化したんだと思います。最近のレンズは本当にシャープで高解像度になったんですね!そして、昔のレンズはやはり個性的です。

以下はZeiss Milvus 1.4/50のF値による画質の変化です。

Carl Zeiss Milvus 1.4/50 テスト写真F値比較

開放からシャープな「Carl Zeiss Milvus 1.4/50」ですが、こうして比べてみると、少し絞った時に最高画質になるのは他のレンズと同様です。特にF5.6の描写は素晴らしくシャープで、部分拡大である事を忘れてしまいます。

Milvus 1.4/25 実写

併せて、先日発売となった「Carl Zeiss (カールツァイス) Milvus 1.4/25」でも同様にテストをしてみました。

Carl Zeiss (カールツァイス) Milvus 1.4/25 販売ページ(新品・中古)

Carl Zeiss Milvus 1.4/25 テスト写真

焦点距離25mmですが、開放F値1.4なので、さすがに背景を大きくぼかして撮れます。

個人的には背景が広く入りなおかつボケが大きい大口径の広角レンズは好きなレンズです。「Milvus 1.4/50」同様、立体感のあるボケがとても綺麗です。この為だけにCarl Zeissを選択する方がいるのも納得です。

Carl Zeiss Milvus 1.4/25 テスト写真拡大

やはり素晴らしくシャープです。

Carl Zeiss Milvus 1.4/25 テスト写真F値による変化

F値による画質変化の傾向は「Milvus 1.4/50」とほとんど同じです。

先にも書いたとおり、高画素のデジタルカメラの普及により、レンズに求められる要素は大きく変わったと思います。そんな中「シャープ」で「高解像度」であるという事にかけては「Carl Zeiss (カールツァイス) Milvus」シリーズは非常に現代的であると言えると思います。さらに、現代的でありながら、背景ボケの美しさは、オールドレンズにも勝る魅力があります。

少々値段が高いのは仕方がないかな、と思わせる、非常に魅力的なレンズだと感じました。

Carl Zeiss (カールツァイス) Milvus 1.4/50 販売ページ(新品・中古)

Carl Zeiss (カールツァイス) Milvus 1.4/25 販売ページ(新品・中古)