こんばんは!担当:Kです。

昨日発売となりました「Canon EF85mm F1.4L IS USM」を簡単にレビューしたいと思います。テスト機はEOS5DMarkⅣを使いました。

Canon (キヤノン) EF85mm F1.4L IS USM 新品販売ページ

撮影テスト

Canon EF85mm F1.4L IS USMテスト写真①

EOS5D MarkⅣ 1/125 f1.4 ISO100 露出補正±0

テスト撮影は近所の神社で行いました。この時期、紅葉が綺麗で街中を散歩するだけで被写体が沢山あるので助かります。

いや~ボケますね~!さすが85mm!さすがf1.4!被写体の前後関係があやふやになるくらいボケるレンズはやはり使っていて楽しいです。

Canon EF85mm F1.4L IS USMテスト写真②

EOS5D MarkⅣ 1/80 f1.4 ISO125 露出補正-0.7

神社の境内に三毛猫が遊びに来ていました。人慣れしているのか、近づいても逃げません。三毛猫はいかにも「にっぽんの猫」という感じがして、写真映えします。

この距離だと目にしかピントが合っていません。EF85mm F1.4L IS USMのような明るいレンズは、楽しいですが反面、神経を使うレンズでもあります。

Canon EF85mm F1.4L IS USMテスト写真③

EOS5D MarkⅣ 1/125 f1.4 ISO100 露出補正-0.3

境内は木々が葉を落とし、一面の落ち葉となっていました。落ち葉の海の中から、綺麗な葉にだけにピントを合わせました。ライブビューを使いローアングルで撮りましたがうまくピントが合いました。

前ボケ、後ろボケともに柔らかく綺麗です。

Canon EF85mm F1.4L IS USMテスト写真③拡大

上の写真のピント部分の拡大です。物凄くピントが薄いです。

しかし、ピントの来ている部分は物凄くシャープでクリアです!5,000万画素のカメラ(EOS 5Ds)での使用を前提に設計されていると思われますが、凄いです。

ちょっと欠点

Canon EF85mm F1.4L IS USMテスト写真④

EOS5D MarkⅣ 1/250 f1.4 ISO100 露出補正-0.7

モデルさんは凛々しい狛犬。ピントは目でひろっていますが、鼻や口にはもうピントがありません。

Canon EF85mm F1.4L IS USMテスト写真④拡大

拡大するとこのくらいのピントです。

ここで、ちょっと欠点が・・・口径食とミラーボックスによるケラレが出て、点光源が丸くなりません。大口径レンズは後玉も大きくなるので、ある程度致し方ない部分かもしれません。しかし、せっかくの新型なので、口径食にはもう少し気を使っても良かったかもしれません。

カメラも優秀

Canon EF85mm F1.4L IS USMテスト写真⑤

EOS5D MarkⅣ 1/4000 f1.4 ISO100 露出補正-0.7

落ち残った枯れ葉をシルエットにしました。実は枯れ葉の部分にも諧調も色も微妙に残っています。さすがEOS5D MarkⅣは優秀です!

EF85mm F1.2L IIとのボケの比較

Canon EF85mm F1.4L IS USMテスト写真⑤

いずれもなめらかで綺麗なボケだと思います。半絞りですが、1.2Lの方が、やはり後ろボケがほんの少し大きいようです。

EF85mm F1.2L IIとの描写の比較

Canon EF85mm F1.4L IS USMテスト写真⑥

上の写真のピント部分の拡大です。すみません。EF85mm F1.2L IIの写真(向かって右の写真)が少し後ピンになってしまいました。

それを除いてもやはり1.2Lの方がやや柔らかめの描写だと思います。EF85mm F1.4L IS USMは素晴らしくシャープですね!又、1.2Lのピントの薄さにもビックリです。半絞りの差ですが、1.2Lの方がピントが薄いのがわかります。

ここまでシビアだと、厳密にピントを合わせたい時は、AFではなくライブビューの拡大を使用した方が良さそうです。

まとめ

EF85mm F1.4L IS USMは素晴らしくシャープなレンズでした!テスト機に5Dsを選択するべきだったかもしれません。ボケも綺麗で、ポートレート用レンズとして高いレベルにあるレンズだと思います。中望遠はファインダー上で意外とブレが気になったりするので「IS」がある事で使い勝手も良く、とてもいい、使いやすいレンズだと感じました。

Canon (キヤノン) EF85mm F1.4L IS USM 新品販売ページ