こんばんは!担当:Kです。

先日、Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4の、F値による描写力の変化について記事にしたところ(「Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZF」F値の変化による画質の変化 記事)、思いのほか好評でした。Twitterで「PENTAXのレンズもテストして欲しい」というリクエストまであったので、今回はPENTAXのレンズを試してみました。

「シャープである事」だけがレンズの価値では無いという事はよく言われる事で、私もその通りだと思います。PENTAXのLimitedのシリーズはそんなレンズ哲学を形にしたレンズだと思います。

今回はそんなPENTAX LimitedシリーズからPENTAX-FA 43mmF1.9 Limitedを、K1に装着して試してみました。

PENTAX-FA 43mmF1.9 Limitedテスト写真①

開放F1.9から試しました。

私は、AFの時代になってからPENTAXのカメラを所有した事がありません。今回のテストはK1を使用しましたが、背面液晶の動き、各ボタンの感触、ダイヤルの配置など、フィーリングが凄く良く、関心しました。ボタンの感触など実質写りとは関係ない事ですが、カメラのフィーリングがいいと撮影が楽しいですね!

前回同様、ライブビューの拡大機能を最大(K1は16倍)にして慎重にピントを合わせてシャッターを切ります。

PENTAX-FA 43mmF1.9 Limitedテスト写真②

上の写真からピント合わせを行った、手前の花びらの部分を拡大しました。前回の「Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZF」ほどではありませんが、開放はやはりシャープというよりは柔らかく、やや甘さの残る描写です。

PENTAX-FA 43mmF1.9 Limitedは開放F値1.9のレンズの為、2絞りちょっと絞ったF4の画像と比べてみたいと思います。

PENTAX-FA 43mmF1.9 Limitedテスト写真③

かなりシャープになり糸の質感などがリアルに描写されています。前回同様、選択するF値で画質に変化が出ています。

以下に、開放1.9からF2.8、4.0、5.6と試した画像を並べてみました。被写界深度の変化は勿論、選択するF値による画質の変化が確認出来ると思います。

PENTAX-FA 43mmF1.9 Limitedテスト写真④

画質変化の仕方やハレーションの出方など、前回とはまた一味違って、好みの出る部分だと思います。PENTAX-FA 43mmF1.9 LimitedではZeiss Planarよりも変化が顕著ではなく、ゆったりとした感じです。

Limitedシリーズでも、焦点距離が変わるとレンズの癖に違いがあるようなので、機会があればまた試してみたいと思います。

PENTAX FA 43mm F1.9 リミテッド 検索ページ

PENTAX-FA 43mmF1.9 Limited 新品販売ページ