こんばんは!担当:Kです。

本日、Canonよりコンパクトデジタルカメラの新型「PowerShot G1X MarkⅢ」が発表となりました。前機種「G1X MarkⅡ」より約3年半ぶりの後継機となります。

Canon PowerShot G1 X Mark III 予約ページ

Canon G1X MarkⅢ写真

一瞬G5Xの後継機かと思いました

ズバリ特徴は!

【APS-Cサイズの大型センサーを搭載】

【大型センサー、ズームレンズを搭載しながら、驚きの小型、軽量ボディ】

APS-Cサイズのセンサーでズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラには、LeicaのXバリオがありました。しかし、既に製造中止となっており、Canonのような、国産の信頼できるメーカーからこういった機種が発売になるのは、画質にこだわるユーザーにはうれしい限りです。

大型センサーによる広いダイナミックレンジや、豊かな諧調表現は、特にプリントした際には写真のクオリティに影響する部分です。プリントする機会のあるハイアマチュアにはこの差は嬉しい!

しかも「コンパクト」な部分にはこだわり、前機種のG1X MarkⅡより質量で27%、体積で16%の小型軽量化がはかられているという事です。ハイスペックで小型軽量がG1X MarkⅢの最大の特徴と言えると思います。

Canon G1X MarkⅢ写真

画像素子はEOS80DやM5にも搭載されている、APS-Cサイズ(G1XMarkⅡ:1.5型)、有効画素数2420万画素(G1XMarkⅡ:1280万画素)のデュアルピクセルCMOSセンサーです。画面全体の80%の広い範囲で、位相差AFによるピント合わせが行えます。映像エンジンはDIGIC7、最高感度はISO25600(G1X MarkⅡ:ISO 12800)です。

レンズは24-72mm F2.8-5.6(35mmフィルム換算)とG1X MarkⅡ(24-120mm F2-3.9)よりズーム比、明るさともに劣ります。センサーが大きくなった事、コンパクト化のためにはいたしかたない部分だと思います。しかし、望遠端のF5.6はこのクラスとしてはちょっと残念なF値です。せめてF4なら・・・あるいはズーム比を小さくしてもF2.8通しなら・・・この辺りは次回作に期待です。

(しかし、センサーサイズの大型化にともない実焦点距離は長くなっている為(MarkⅡ:12.5-62.5mm、MarkⅢ:16-45mm)、ワイド側の開放時のボケはMarkⅢの方が大きいかもしれません。)

Canon G1X MarkⅢ写真

重量は399g(バッテリー、カード含)です。ちなみに前型のG1X MarkⅡは553gです。他のAPS-Cサイズセンサー搭載のコンパクトデジタルカメラ(いずれも単焦点レンズ搭載)と比較すると、

FUJIFILM X100F:469g

RICOH GRⅡ:251g

さすがに軽量なGRには及びませんが、3倍の大口径ズームレンズを搭載していることを考えると、G1X MarkⅢがいかに軽量かがわかると思います。ボディは防塵防滴構造を採用し、堅牢性と信頼性がUPしています。

Canon PowerShot G1X MarkⅢはある程度利便性を備え(3倍ズームレンズ)、一眼カメラと同等画質(APS-Cサイズセンサー、DIGIC7)、それでいて気軽に(軽量:399g)持ち歩けるカメラをお探しの方にオススメです!

Canon PowerShot G1 X Mark III 予約ページ

旧型(Canon G1X MarkⅡ)でもいいや!という方はこちら↓

Canon PowerShot G1X Mark II 中古販売ページ