こんばんは!担当:Kです。

先日ご報告しましたとおり、愛機FUJIFILM X-T10を「動画を重視」してSONY α6300に買い換えました。

この買い替えにともない、レンズも揃え直したわけですが、その中にちょっとオススメなレンズがあったので、紹介したいと思います。

それは!

SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporary

です。

SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporaryは、Eマウントやマイクロフォーサーズ用の明るい標準レンズとして、ご利用の方も多いレンズかと思いますが、私も使ってみてなかなか良いレンズだと思いました。

まず、価格が安いのがいいです(笑)

SIGMA (シグマ) 30mm F1.4 DC DN | Contemporary新品販売ページ

写りもContemporaryシリーズとは思えない、しっかりしたもので、Artでも良かったんじゃないか?と思えるくらいです。周辺光量落ちもほとんどありません(テストカメラは全てSONY α6300)。

SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporaryテスト写真

f1.4だと大きなボケを活かした写真も撮りやすいですね。

SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporaryテスト写真

上の写真からの切り出し。化粧瓦の部分の表現など、流石の好描写!

大きさもコンパクトで、持ち運びに便利です。私はこのレンズは必ず撮影に持っていきます。

普段から気軽に持ち歩ける軽快さも、標準レンズのメリットだと思います。ピントは薄いので撮影には気を使いますが(笑)

SIGMA (シグマ) 30mm F1.4 DC DN | Contemporaryテスト写真

ボケ方に若干個性があるような気もしますが、これはこのレンズの「味」と割り切れるレベルだと思います。むしろ、こういう個性が有った方がレンズに愛着がわくというものです。

SIGMA (シグマ) 30mm F1.4 DC DN | Contemporary

近接のボケもやわらかくて、綺麗です。質感の出方も良好で、SIGMAらしい高いレベルのレンズだと感じます。

SIGMA (シグマ) 30mm F1.4 DC DN | Contemporaryテスト写真

アウトフォーカスの部分にも、物のディテールが残って、何が写っているのかなんとなくわかるのがいいです。

◆◆◆◆◆◆◆

と、ここまでいい事ばかり書いてしまったのですが、実は、SIGMA (シグマ) 30mm F1.4 DC DN | Contemporaryには動画撮影時にはちょっと見過ごせない欠点があります。それはMFでのピントの動きにクセがあり過ぎる事なのですが、それについてはまた別の機会に当ブログにて報告したいと思います。

価格、大きさ、描写力、どれをとっても一級品!SONY Eマウント(APS-Cサイズ)ユーザー、マイクロフォーサーズユーザーに是非おススメしたい一本です!

SIGMA (シグマ) 30mm F1.4 DC DN | Contemporary新品販売ページ

SIGMA (シグマ) 30mm F1.4 DC DN | Contemporary中古検索ページ