こんばんは!担当:Kです。

今月末(2017.10.27)発売予定の「SONY (ソニー) DSC-RX0」を見せていただきました。

SONY (ソニー) デジタルスチルカメラ DSC-RX0 予約ページ

手に取った最初の感想は、小さい!でした。

ウェアラブルカメラと言えばGoProですが、こちらは本体自体に10m防水、2mの落下耐性が備わっているため、シンプルで小さく見えます。又、超々ジュラルミン製のボディは200kgの耐荷重を実現しているとともに、高級感を演出する要因となっています。

ソニー RX0の最大の特徴は何でしょうか?ズバリ!

1.0型のセンサーを搭載している事

ではないでしょうか?有効約1530万画素のメモリー一体1.0型積層型Exmor RS(エクスモア アールエス)CMOSイメージセンサーとZEISSテッサーT* 24mm F4(単焦点)レンズの搭載により、

他のウェアラブルカメラとは一線を画す高画質を実現

1.0型の大型センサーで後ろがボケる

という他のウェアラブルカメラでは実現出来ない、ソニー RX0ならではの特徴が出ています。

レンズはZEISSのTessar24mm F4(35mm換算、実焦点距離は7.7mm)です。

しかし、便箋上ウェアラブルカメラと比較していますが、このカメラはもっと違った新しいジャンルのカメラだと感じます。ボディを小さくするために「レンズは単焦点、手振れ補正機能は無い」といった部分もいさぎが良くて好感が持てます。

カメラというジャンルすら飛び出しかねない、SONYらしい創造性を感じます。どんな映像が撮れるのか、ワクワクしながら考えたくなるカメラです。

動画も4K、S-Log2撮影も可能です。SONYらしくぬかりありません。

背面はこんな感じです。ボタンもモニターも小さくて、何とか操作出来る程度です。

アップルウォッチと比較しても、ソニー RX0の小ささが分かります。

SONY (ソニー) DSC-RX0は、1.0型センサーの高画質やピント、カメラの堅牢性や小ささを活かして、クリエイティブに映像表現を楽しみたいユーザーに是非おススメしたいカメラです!

SONY (ソニー) デジタルスチルカメラ DSC-RX0 予約ページ