こんばんは!担当:Kです。

ストラップを1度でも邪魔だ!と感じた事があるでしょうか?

私はしょっちゅう感じます。例えば、家の中で子供の動画を撮影している時など、ストラップが何かに引っかかってしまったり、画面に映りこんでしまったりと邪魔になります。又、動画撮影で三脚に載せてパーンしている時など、ストラップが三脚に引っかかってしまったりして「ストラップをはずしたい!」と感じる事がしばしばです。

逆に、普通にスナップ写真を撮っている時などは、ストラップが無いと、カメラを落としてしまいそうで落ち着きません。ストラップを引っ張って撮ると、ブレ防止になったりと便利なこともしばしばです。

Peak Design(ピークデザイン) リーシュ写真

要は「簡単につけはずしの出来るストラップ」があればいいのです。

そんな、わがままなフォトグラファーにオススメなのがPeak Design(ピークデザイン)の「リーシュ」です。Peak Design(ピークデザイン)は、スタイリッシュで使い安いなカメラバックやアクセサリーで、最近よく目にするようになったメーカーです。

Peak Design(ピークデザイン) リーシュ 販売ページ

Peak Design(ピークデザイン) リーシュ写真

Peak Design(ピークデザイン) リーシュは、取り付け部分が、独特の機構になっており、片手でも簡単につけはずしが出来ます。一度取り付けてしまえば、パチンと止まってまず外れてしまう事はありません。「リーシュ」には取り付け部品(アンカーという)が4個(両吊りのタイプで2台分)付属しています。

Peak Design(ピークデザイン) リーシュ写真

又、アンカーは別売されているので、数台のカメラに1本のストラップで使い回すことも可能です。欠点はアンカーが4個入りでしか販売されていない事です。2個での販売もしてほしいものです。

アンカー販売ページ

Peak Design(ピークデザイン) リーシュ写真カメラへの取り付けが紐のタイプの為、様々な取り付け金具に対応出来るのもいいですね。パッと見は、貧弱に見えますが、耐荷重は90kgもあるそうです。

 

リーシュはこのシリーズのストラップの中では一番細身のタイプで、ミラーレス一眼にピッタリの幅です。素材は車のシートベルトのような滑らかな素材で、滑りがいい為、斜め掛けにした時もカメラを手元に持ってきやすくなっています。写真は「アッシュ」という薄いグレーのカラーで、Peak Design(ピークデザイン)と言えば、この色を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?他にブラックがあります。

Peak Design(ピークデザイン) リーシュ写真

リーシュの幅は2cmほどで、ミラーレスなどの比較的軽量なレンズ交換式一眼カメラに最適だと思います。

Peak Design(ピークデザイン) リーシュ写真

写真の輪っかに指を入れてグイッと引っ張れば、方から下げたまま簡単に長さを調整出来ます。長さ調節の金具は金属製で、高級感がありますが、カメラにあてないように少し注意が必要です。

 

通常のカメラの取り付け金具を使って吊る以外に、片方を三脚座に取り付ける為の金具が付属品として付いてきます。私はクイックシューをつける為、この吊り方は出来ませんが、最近はこういった吊り方をする方をたまに見かけます。

Peak Design(ピークデザイン) リーシュ写真

一ヶ月ほど使っていますが、とても満足です。少し心配だった取り付けの紐も、今のところ劣化は無い様です。特に三脚取り付け時は、邪魔なストラップを気にせず撮影に集中できます。パーンの時にブラブラして気になったストラップともおさらばです。取り外したリーシュはポケットに丸めて突っ込んでいます。色Peak Design(ピークデザイン)は、デザインも上品で、どんなカメラにも相性が良さそうです。実用性も高い、おススメのストラップです。

Peak Design(ピークデザイン) リーシュ 販売ページ

アンカー販売ページ