こんばんは!担当:Kです。

本日発売のシグマの新レンズ2本「24-70mm F2.8 DG OS HSM Art」「14mm F1.8 DG HSM Art」早速、店頭展示はじめました。

SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art 販売ページ

SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art 販売ページ

 

【24-70mm F2.8 DG OS HSM Art】

24-70mm F2.8 DG OS HSM Art写真

CanonのEF24-70mm F2.8L II USMと比べると、全長は少し短いのですが、太さが少し太い分、重々しく見えます。

CanonのEF24-70mm F2.8L II USMには手ぶれ補正機能はありませんが、SIGMAの24-70mm F2.8 DG OS HSM Artには手ぶれ補正「OS」があります。最近は三脚を使えな撮影地もあると聞きますので、手ぶれ補正機能はどんなレンズでもついていると助かります。

24-70mm F2.8 DG OS HSM Art写真

望遠側に繰り出した時の全長はこのくらいです。

Canonはカメラ側がズームリング、被写体側がフォーカスリングですが、SIGMAは逆になります。フォーカスリングの幅はCanonより狭くなります。

ズームリングの重さは、SIGMAの方がCanonより重くトルク感があります。重いですが、滑らかなので細かい画角の調整は、やり易く感じます。風景をフルフレーミングで突き詰めて撮影する時などは、この重厚な操作感が安心感につながると思います。

その分スナップ等で、素早く操作したい時は慣れが必要かもしれません。

24-70mm F2.8 DG OS HSM Art写真

EOS 5D Mark IVに装着したところ。

高級機に装着しても全く違和感のない、重厚で高品位なデザインはさすがArtシリーズと思わせます。

【14mm F1.8 DG HSM Art】

14mm F1.8 DG HSM Art写真

Canon EF14mm F2.8L II USMと大きさを比較してみます。さすがにSIGMA 14mm F1.8 DG HSM Artは大きいですね。Canonのレンズが小さく見えます。同じ14mmでも開放F値が1段半明るいですので当然と言えば当然ですが。

重量も1kgを軽く超えます(1,120g)ので、持ち歩くのにはそれなりの覚悟が必要です。以前Leicaの方がおっしゃっていたのですが、いい光学ガラスはどうしても重くなるそうです。重いという事は高性能である事を期待させます。

14mm F1.8 DG HSM Art写真

巨大なフロントレンズ。NikonのAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDを髣髴とさせます。超広角レンズとなる為、14mm F1.8 DG HSM Artもフィルターは装着出来ません。

フロントレンズから「非球面レンズ」が採用されており、高性能化に寄与しています。

14mm F1.8 DG HSM Art写真

お馴染みの「A」のバッヂがシグマの高級ライン「Art」シリーズである事を主張します。今では、意味を知らない人もいる被写界深度メモリも、きちんとあります。

14mmにしてf1.8という明るさは他にない表現を可能にしてくれそうです!

早速「スタッフ高山のオレに試させろっ!」でもレビューがあがっております。高山もかなり気に入ったようです。併せてご覧ください。

スタッフ高山のオレに試させろっ! 第52回「シグマ 14mm F1.8 DG HSM|Art」 編

SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art 販売ページ

SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art 販売ページ