こんばんは!担当:Kです。

Nikonより6月30日に発売となり、

軽い!小さい!安い!

超広角ズームとして、個人的に一番気になっていたAF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRを使ってみました。

Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR 販売ページ

カメラに装着して持ち歩いてみると、その小ささに改めて驚きます。D5600はカメラもコンパクトなので尚更です。

中野駅周辺を30分程歩いて、撮影しました。

AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRの最短撮影距離はズーム全域で22cmです。被写体に近づいて広角レンズらしい、近景と遠景を同時にフレーミングするような写真も撮れます。

35mm換算で15mmの超広角は使っていて楽しいです。

 

もともと、フォーカスリングの角度が小さい広角レンズなので、AFもスピーディに合焦します。

あ、電車が来た!

咄嗟にカメラを構えてシャッターを切りましたが、合焦、シャッターまでの時間にストレスを感じることなく、素早く撮影出来ました。

望遠側が20mm(35mm判カメラ換算で30mm)まであるので、スナップをこの一本で頑張る事も出来そうです。

広角10mm側の開放f値は4.5ですが、マクロ的な撮影ならピントの合ったところと、ボケた部分とのメリハリも十分得られます。

個人的にはワイドレンズこそ、最短撮影距離が短い方が、写真のバリエーションが増えてありがたいと感じます。

最短撮影距離10cmくらいの手ごろな広角ズームがでないでしょうか?

【切り出し画像】

周辺の描写はさすがに少し甘いです(下画像からの切り出し)。隅っこだけ急に悪くなる(カメの部分だけ悪い)イメージです。

それでもこの大きさ、重量、価格を考えれば、かなり頑張っていると思います。このレンズの魅力を損なう事はありません。

【元画像】

 

このくらい写れば、ほぼ問題ないでしょう。

軽い!小さい!安い!

超広角ズームレンズとして、値段も含めておススメレンズです!

Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR 販売ページ

今週末(2017.7.8-9)にはNikonのカメラ・レンズ無料お試し会が開催されます。Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRも貸し出し対象となっていますので、是非ご来店下さい!

Nikonカメラ・レンズ無料お試し会 詳しくはこちら