こんばんは!担当:Kです。

昨年発売された「Canon EF24-105mm F4L IS II USM」がやっと店頭展示出来ましたので、簡単に店内でテストしてみました。

テストボディはEOS5DMark?、比較レンズは旧型のCanon EF24-105mm F4L IS USMです。
Canon EF24-105mm F4L IS新旧テスト

相変わらず雑多な店内でのテストですみません。

はじめにワイド側(24mm側)のテスト画像です。拡大してみると、解像感はさほどではありませんが、コントラストは新型の方が高く、結果としてシャープに見えます。

Canon EF24-105mm F4L IS新旧テスト

【旧タイプ】上の写真からの中心部切り出し画像。プライスタグの文字などがほんの少しねむい。それでも10年以上前に発売されたレンズである事を考えれば、かなり優秀だと思います。

Canon EF24-105mm F4L IS新旧テスト

【新タイプ】同じく上の写真からの切り出し画像。コントラストが高くなりシャープに見えます。

又、周辺描写は明らかに旧タイプの方が悪く、EOS5DMark?のような高画素のカメラではいささか気になります。
Canon EF24-105mm F4L IS USM新旧比較

【旧タイプ】上写真の右上隅の画像。隅の部分が少しにじんでいます。

Canon EF24-105mm F4L IS USM新旧比較

【新タイプ】隅までしっかり描写しています。

以前当ブログの「中古レンズ紀行」でも旧タイプはとりあげましたが、新型と比較するとやはり少しねむいようです。
望遠側はさらにコントラストの違いが気になります。新型は高コントラストで、シャープな描写ですが、旧タイプは少しねむいです。使い方にもよりますが、大伸ばしのプリントなどでは気になる部分となるでしょう。
Canon EF24-105mm F4L IS新旧テスト

【望遠側(105mm)テスト画像】

Canon EF24-105mm F4L IS新旧テスト

【旧タイプ】上写真からの切り出し画像。広角側よりさらに少しねむい。5DMark?のような高画素機だと、少し画像が物足りなく感じます。

 

Canon EF24-105mm F4L IS新旧テスト

【新タイプ】旧タイプに比べて、明らかにコントラストが高くシャープ。

旧タイプの問題点として、ワイド側の樽型の歪みが言われていましたが、残念ながら新型もこの部分は解決されていないようです。よく言えばワイドレンズらしい写り方と言えると思いますが、被写体によっては気になる部分となると思います。
Canon EF24-105mm F4L IS新旧テスト

【旧タイプ】

Canon EF24-105mm F4L IS新旧テスト

【新タイプ】

ちなみに歪みについては、先日当ブログでおすすめしたCanon EF24-70mm F4L IS USMの方が少なく優秀です。
Canon EF24-105mm F4L IS新旧テスト

全く歪まないわけではありませんが、Canon EF24-105mm F4L ISよりも優秀です。

EF24-70mm F4L IS USM過去の記事はこちら

以上簡単ですが、新旧レンズの比較テストをしてみました。Canon EF24-105mm F4L IS II USMは旧タイプの高性能化モデルと考えていいようです。