こんばんは!担当:Kです。OLYMPUSの陰に隠れてひっそりと新発売となった、EF70-300mm F4-5.6 IS II USMを店内で簡単にテストしてみました。

EF70-300mm F4-5.6 IS II USMテスト

大きさは旧タイプとあまり変わりませんが、先端に向かってやや太くなるデザインでカッコよくなったと思います。

デザインは旧型とほとんど同じですが、一回り大きくなりました。又、距離目盛や被写界深度目盛りの表示される液晶窓が新たに装備されました。

EF70-300mm F4-5.6 IS II USMテスト

液相表示で距離目盛や被写界深度目盛りが表示されます。

なにより驚いたのは、AFが速い事です。旧タイプはAFのスピードが遅めで、もっさりとしたイメージだったのですが、さすがナノUSMです!

焦点距離を考慮しても、APS-Cサイズのカメラに装着して鉄道写真や子供の運動会写真などに威力を発揮しそうです。Lレンズよりもコンパクトですので、持ち運びも楽だと思います。

EF70-300mm F4-5.6 IS II USMテスト

例によって大急ぎのテストの為、店内で撮影しました。300mm側の写真になります。テストボディは5DMark?を使いました。

EF70-300mm F4-5.6 IS II USMテスト

旧タイプの左端切り出し画像です。周辺部の画像が少し甘いです。

EF70-300mm F4-5.6 IS II USMテスト

新型の左端切り出し画像です。周辺部までシャープな画像です。6万円弱のレンズで5DMark?との組み合わせでこの画質は立派だと思います。

画質は、旧タイプに比べて中心部と周辺部の画質差が小さくなっており、着実に進歩しています。旧タイプからの買い替えを検討する価値がある進歩だと思います。

比較的軽量で、画質にも十分満足できる、欠点の少ないレンズだと思いました。ナノUSMの高速AFを利用して、動く被写体にも対応出来そうですね!

Canon EF70-300mm F4-5.6 IS II USM販売ページ