こんにちは、ウエッキーです。

 

ウエッキーの写真です

 

来る11月17日、Panasonicの新製品FZH1とLX9が発売されます!!

 

FZH1、LX9のカタログが入荷しました!

FZH1、LX9のカタログが入荷しました!

 

LX9についているレンズは24-72/1.4-2.8と広角から少しだけ中望遠気味とバランスの良い領域で、
開放値がなんと1.4開始というのが驚きです…!
センサーサイズ1型の2010万画素ということから、本格的な撮影からスナップまで、幅広く活躍してくれそうですね!

 

 

とまぁここまではカメラ屋さんならではの期待の言葉として…

僕の私的な興味はFZH1にあります…!それは何故かというと…!

 

 

FZH1の動画性能がほとんどm4/3機のPanasonic GH4と同じ!!
部分的に見れば超えているところも!!

っと、動画ユーザーに向けて本気のコンデジとなっているからです。

 

FZH1が鎮座する台です。展示気が出た際は是非触ってみてくださいね♪

FZH1が鎮座する台です。展示機が出た際は是非触ってみてくださいね♪

 

もともと、FZシリーズはファインダー付きの高倍率ズームのついたコンデジとして根強い人気がありましたが、
そのいいところを残しつつ、さらに動画性能を格段に上げた機種となっています。

簡単に、GH4と比較してみましょう。(以下、PC表示・スマホ横持ちに対応した表あり)

 

機種名 GH4 FZH1
センサーサイズ m4/3 1.0型
レンズ m4/3マウントレンズ交換式 内蔵レンズ 24-480/2.8-4.5
撮影フォーマット 最大4K100Mbps/FHD200Mbps 同左
log撮影 別売DMW-SFU1 同左
スローモーション FHDサイズ96fps(4倍スロー) FHDサイズ120fps(5倍スロー)
HDMI出力 YCbCr 4:2:2 10bit 同左
マイク・ヘッドホン端子 φ3.5mm・イヤホンジャック有 同左

 

もうこの時点でヤバい感ぷんぷんのFZH1ですが、

真にヤバいのは以下の4つ…!

 

 

1、ガイドポール方式のズーミング!

実はPanasonicの本格的なビデオ機でも採用されている方式の、

ガイドポール式のズームレンズになっているのです!

これ、皆さん是非実機を触って試してみて欲しいんですが、

今までのコンデジにない新感触…!ズーミング時の振動がほとんどありません!

振動する=画面が揺れる ということなわけですが、動画はその揺れすらも記録してしまうもの。

動画ユーザーが今まで馴染めなかったことへの配慮を多大に感じます…。

 

 

2、シームレス絞りコントロール機構採用!

一眼レフのカメラは絞り羽がクリック式でかわるため、

オート設定の際F値がずれると、絞り羽が開いたり閉じたりする瞬間、パッと明るくなったり暗くなったりすることがありました。

わずか1、2フレームのような細かい話かもしれませんが、動画はその瞬間さえ記録してしまうわけで…

これがなめらかに変化するようになったわけです!!

 

 

3、超低速ズーミング!

なんと超低速ズームが可能になりました!僕個人的にはこれが一番うれしい!!

一眼レフカメラのレンズは、パワーズームを内蔵したレンズではないかぎり、

ズームリングを回してズーミングをかけるわけですが、これはレンズの個体の癖や個人の腕前によってスムーズさがかわるもの。

しかもゆっくりとズーミングしたい、という場合はなおさらに難しいわけです。

ゆっくりしたズームってどんなときに使うの?とお思いの皆さま。

想像してください、ドラマや映画でグッとくる感動的な瞬間の画を…

だいたいそういうときは気づかれないくらいゆっくりしたズームがかかっているんです!!

 

 

4、NDフィルター内蔵!

まってましたー!こういうの!

動画のユーザーさんはシャッタースピードを一定に保ちたいもの。

業務用ビデオ機にはよくNDフィルターが内蔵されてますが、コンデジにもついちゃう時代になったんですね…

 

 

 

いかがでしょうか?

これはまさに今までにないコンデジ!と言っても過言ではないのではないでしょうか?

 

FZH1発売キャンペーンもございます!

応募期間:2016年11月17日(木) ~ 2017年1月18日(水)

ハリウッドではもはや標準の機能?

流行になりつつある、別売のlog撮影機能DMC-SFU1がプレゼントされます!

 

 

ご予約、ご購入のご相談お待ちしております♪

FZH1のご予約はこちらから

LX9のご予約はこちらから