こんばんは!担当:Kです。

昨日Carl Zeiss (カールツァイス) Milvus 1.4/35が発売となりました。マウントはZE(Canon用)、ZF.2(Nikon用電子接点付)の2種類、フォーカスはマニュアルです。ここ数年のCarl Zeissの流れどおり、かなり高性能なレンズのようです。

まずはじめにビックリさせられるのは、その大きさです。高性能なレンズは大きくなりがち、とは言え大口径標準ズームレンズ並みの大きさに、まず度肝をぬかれます(笑)

Carl Zeiss (カールツァイス) Milvus 1.4/35 販売ページ

Canon EF24-70mm F2.8L II USM との比較。大口径標準ズームレンズよりも大きいのにはビックリです。

店内で少し撮影テストをしてみました。テスト機はEOS5DsRです。このクラスのレンズになると、比較するレンズも超高性能なレンズとなります(今回はEF35mmF1.4LⅡUSM)。中途半端なカメラでテストしても違いが出ない為、カメラ側もレンズ同様トップクラスの性能が必要です。


手振れしないように三脚を使用し、ピントもとんでもなくシビアになります。ライブビューの16倍拡大を使いMFで慎重にピントを合わせます。果たして違いが出るのか!?(時間が無くて、店内のPOPを撮影してのテストですみません。)

元画像

 

左:Milvus 1.4/35   右:Canon EF35mm f1.4LⅡ USM

結果はごらんのとおりです。解像感については、超高性能なEOS5DsRをもってしてもほとんど違いが出ませんでした。しかし、画像のぬけ、コントラストについてはMilvus 1.4/35が明らかにCanon EF35mm f1.4LⅡ USMを上回っているようです。Milvus 1.4/35と比べると、EF35mmF1.4LUSMは若干ながらもやがかかったような眠さが感じられます

Otasを筆頭に最近のZeiss レンズの高性能化には目をみはるものがあります。その分、撮影には神経を使い、ピントや手振れが起きないよう細心の注意を払わなければなりませんが。

高性能をつきつめた、特にNikon D850やEOS5Dsといった高画素カメラをご利用の方や、写真展などで大伸ばしを前提とした撮影を行う方、Milvus 1.4/35はそんな方におススメしたいレンズです。

◆◆◆◆◆◆◆

<私見>

以下は私の個人的な感想です。

ここまで高性能なレンズが本当に必要なのでしょうか?日本の国道(現在最高速度は100kmに制限)を500馬力の車で走るようなものなのでは?という違和感を少し感じます。無意味な高性能なのではないか?と感じてしまいます。

しかし思い返してみれば、1000万画素が高画素だった時代は、こんな高性能なレンズは必要ありませんでした。しかし、カメラの画素数は増える一方です。当然、、いつかは5000万画素も時代遅れになるかもしれません。

私が、写真を始めた頃、風景写真などで、究極の描写を求めるカメラマンは8×10のフィルムを大型カメラに取り付けて撮影を行っていました。いつか、35mmカメラの大きさで、8×10以上の画質で撮影出来る日がきっと来るのでしょう。

そんな、未来を見据えたレンズ、それがOtusやMilvasなのかもしれません。

Carl Zeiss (カールツァイス) Milvus 1.4/35 販売ページ