前回はこちらから!
第4回「Kさん、それちょんまげじゃないです」

 

 

Kさんカメラお手入れ中

K「ねー、ウエッキー」
ウ「なんですか?」
K「柏原さんは、あー言ってたけどさー」
ウ「ええ」

 

 

Kさんレンズをお手入れ中

K「ぶっちゃけ音なんて二の次で、内蔵マイクでいいんじゃないの?って思うんだけど。一眼ってレンズ交換ができるのがメリットなわけじゃん」

 

 

ウエッキーあわれみの目

ウ「…かわいそう…」
K「え?」

ウ「…Kさん、目玉焼きの音聞いたことあります?」
K「??」

 

 

目玉焼き

ウ「目玉焼きっていい音で鳴くんですよ」

 

 

Kさんの嘲笑

K「ウエッキー、何言ってるのか意味わかんないよ。目玉焼きが喋るわけないし、音が鳴ったりするわけないじゃん」

ウ「Kさん、それじゃあ僕がテストで撮ってきたこの動画を見てください」
K「はぁ」
ウ「今回は僕の私物のヘッドホン、SENNHEISER HD25-1 IIをご用意しました」

HD25

超有名なモニターヘッドホン。音色に味を加えず、純粋な音を聞くためのもの。ウエッキーのSENNHEISER(ゼンハイザー) HD25-1?はオヤイデ電気で発売されてるケーブルにリケーブルされている。

K「何の動画なの?」
ウ「まぁ、とりあえず見てください。イヤホンでもよかったんですが、出来ればヘッドホンで静かに音をしっかり聞きながら見て頂ければと」

 

 

 

 

Kさん呆けてる

 

 

 

 

 

Kさん呆けてる

 

 

 

 

 

Kさんと宇宙

K「あれ…鳴いてる…」

 

 

ウ「分かって頂けましたか?」
K「私的な感想だけど…内蔵マイクで録れた音は外の空気の音とか、キッチンの空間の音とかがあってあまり集中できなかったんだけど、VideoMic Goは卵をフライパンに乗せて弾けた音、水をフライパンに入れたときの爆発した音、フライパンを閉めてこもった音全部がはっきり聞こえた…気がする」
ウ「おお、素晴らしい感想です」

K「でも感想じゃなくて、はっきり言えることがある…」
ウ「なんでしょう?」
K「間違いなく外部マイクで収録した目玉焼きのほうが美味しい!!」

 

 

ウエッキーにこっ

ウ「まぁ味は変わんないんですけどね。Kさん、さっき【音なんて】といいましたが、ほとんど同じ画なのに音の聞こえ方でこれだけイメージが変わるんです」
K「VideoMic Pro Rycoteラグジュアリーな感じがした。さらに微細な感じで細かなとこまで聞こえる感じ」

ウ「映像における音の割合は9:1くらいで思われてるかもしれませんが、実際イーブンで考えてもいいんじゃないかって思えるくらい音への配慮は必要です」
K「確かに…」
ウ「実際映像を見るときは音に集中することってほとんど無いんですが、実は縁の下の力持ちになっているってことですね」

 

 

VideoMic Goの先端を指さすウエッキー

ウ「マイクには指向性という重要な考えるべき項目があります。これはどの方向の音を集中して録音するかという指標になります。VideoMic GoもPro Rycoteもスーパーカーディオイドと呼ばれる指向性があり、レンズの向いている方向の音を撮るのに最適なのです」
K「なるほどね?動画を撮るって、同時に音を録るってことでもあるんだな?」

 

 

ふたりとも笑顔

ウ「マイクの必要性、わかっていただけましたか?」
K「うん!超重要だ!」

ウ「柏原さんにごめんなさいしなきゃいけませんね」
K「柏原さん…すんませんでした!」

 

 

?後日談?

こんにちは、ウエッキーです。
ってな会話がありまして、Kさん、VideoMic Go買っちゃいました。

X-T10とVideoMic Go

マイクについてるモフモフはDead Cat Goという別売りの純正ウィンドジャマーです。なんとも物騒な名前です。オーストラリアンジョークでしょうか?ちなみに屋外での撮影で風の音を切る効果があります!

X-T10側のジャックはΦ2.5mmの口径なので、マイク側のΦ3.5mm端子をΦ2.5mm端子に変換するアダプターは僕からプレゼントしました!

2.5mmと3.5mmの口径
キャンプに行ったときとかに、素敵な動画が撮れるといいな?と心から願っております。

 

 

本日のまとめ!

外部マイクは動画表現をより豊かにするもの!

*音は動画を支える縁の下の力持ち

*マイクを使っても目玉焼きの味は変わらない!でも美味しそうに見える

 

 

今回使用したマイクはこちら!

VideoMic Go

VideoMic Pro Rycote

 

前回行ったRODE Microphonesのブログキャンペーン、まだやっております!

詳しくは第4回をご覧ください。

 

 

次回予告!第6回「Kさん、いつまで店頭で60Pが撮れますよ!とか言ってるつもりですか?」

おたのしみに?。