前回はこちらから!
第3話「Kさん、ほんとにカメラを選ぶ!」

 

*記事の最後にプレゼントのお知らせがあります!

 

 

ウ「ということで、KさんにちゃんとRODE Microphonesを知ってもらうために、くわしい人をお呼びしました」

 

 

01

 

 

ウ「銀一株式会社の RODE Microphonesにくわしい柏原さんです。よろしくお願いします」

 

 

02

柏「…よろしくお願いします」

 

 

03

K「…柏原さん、なんか怒ってます…?」

 

 

02柏「…」

 

 

04

 

柏「…ちょんまげじゃないです。RODE Microphonesです」

 

 

 

 

 

05

二人「…」

 

 

06

 

 

ウ「うちの K さんが大変なご無礼を…」

K「え!?」

 

 

–RODE Microphones という会社について?

07

ウ「さてさて、もしかしたら Kさんを含め、RODE Microphonesという会社についてご存じない方も多くいらっしゃるんじゃないかなと思うんで、まずはどんな会社か教えていただければ幸いです」

柏「そうですね。会社自体は設立から50年ほどの歴史があり、90年代にRODEブランドが誕生しました。
オーストラリア・シドニーに本社があり、マイクを製造している工場も隣にあります。
カメラの上に乗せるマイク、つまりオンカメラマイクというジャンルに、初期の頃から携わっています。
通常、マイク内の細かい部品は他社から仕入れる場合が多いのですが、
RODE Microphonesではほとんどのパーツを自社で作っているため、スペック・デザインにかなりこだわりがあります

ウ「老舗のマイクメーカーというわけですね」

柏「そうですね。というわけで、RODE MicrophonesがYoutubeで公式的にマイクの説明をしてくれてる動画があるんで、まずはこちらをご覧ください」

 

 

 

 

08

K「待って、ちょんまげは無いけど、侍いるじゃん!」

 

 

09

 

 

柏「まぁ細かいことは置いといて、Kさん、何故外部マイクが必要かわかりますか?」

K「…ちょっと…え、ゴジラもい…」

 

 

10

ウ「Kさん、わかります?」

 

 

 

 

K「わかりません」

 

 

–外部マイクを使うメリット–

柏「一眼レフカメラは画を撮るためにつくられているものです。
ということはその性質上や個体の大きさから、音に対する設計にあまり注視されていません。
画はとても綺麗に撮ることができるのに、内蔵マイクの音がそれに見合っていないのです。

内臓マイクの仕様上、レンズを通して見える風景から想像出来ない音が収録されてしまう可能性がります。
そうするとその映像を観た人は「ん?なんか変な音が聞こえたぞ…?」っと、違和感を覚えます」

 

ウ「静かな環境の中だと撮影者の鼻息が入っちゃったり…」

K「え!そんなことあるの?」

ウ「なくはない話ですね」

 

柏「つまりそれは撮影者が意図していないことに対して【無駄に気にさせてしまうこと】になるのです。
外部マイクを使うメリットは【気にさせない音を録れること】
それは動画に対しての没入感を作り上げることだとも言えます。

勿論、音質の向上は大前提です」

K「なるほど?」

 

 

–RODE Microphones の強み?

ウ「そういえば、僕の友人の録音のプロフェッショナルに聞いたんですが。高音質のマイクはとにかく高くて手が出せない…RODE Microphonesは低価格帯でこの性能出ちゃう!?的なものを作るのが得意だって言ってましたね」

K「確かにお手頃な価格が多いよね?」

柏「おっしゃるとおり魅力的な価格ですよね。
RODE Microphonesの作っているマイクは、オンカメラマイク以外にも、
ピンマイク、ガンマイクなど、とにかく種類が豊富です。

よく「結局どのマイクを使えばいいの?」と、質問をされることがありますが、
それはレンズを選択するのと同じで、適材適所なわけです。
メーカーとして、種類が豊富、初心者用から上級者用までのラインナップが揃ってるということが一つのメリットです。

サポートが長い事も一つのいいところですね。公式HPで延長保証を受けることが可能です。
マイクによっては10年というサポートもあるんですよ」

 

 

K「でもオーストラリアで直すから時間がかかるんじゃ…」

柏「あ、簡易的な修理ですと僕がほとんど直してますんで(笑)」

ウ「柏原さん、サラリとすごいこと言いますよね」

 

 

柏「あとはRycote製のショックマウントを採用していることもメリットの一つです」

ウ「信頼のRycoteですね…!手持ち撮影時マイクが揺れたり、手の操作音によるハンドリングノイズも気になりませんね!」

K「Rycote??聞いたことないな」

ウ「映画の現場で使われてるガンマイクのもふもふの部分とかを作ってる会社なんですけど、
ほとんどのプロの現場で使われてるのがこのメーカーのですね」

柏「むしろRycote製以外を探すのが難しいかもしれないです…」

 

K「RODE Microphonesやばいな!!さすが侍でてるだけはある!!(笑)」

 

 

 

 

12

13

 

 

柏&ウ「…」

 

 

ウ「Kさん、一応言っておきますが…」

柏「あの動画に出てる人 RODE Microphonesの日本営業マネージャーのめっちゃ偉い人ですからね」

 

 

 

 

14

 

 

 

 

柏原さん!ご協力ありがとうございました!

銀一株式会社公式HPはこちらから

 

 

本日のまとめ!

オンカメラマイクを使うメリットは、画に対しての没入感を作ること

*RODE Microphonesは音作りのメーカーとして信頼性が高く、サポートが強い

*RODE Microphonesのマイクは種類が豊富で、初級編から上級編までラインナップが揃っている

*RODE Microphonesにはがいる。

 

 

 

プレゼントのお知らせ

店頭限定!RODE Microphonesのオンカメラマイクを新品でご購入していただいたお客様!

「ブログを見たよ!」と言って下されば、選べるプレゼントをご用意しております!

 

15

 

RODE Microphones ロゴ入りTシャツ(Mサイズ)…2名様

RODE Microphones ロゴ入りキャップ…3名様

RODE Microphones ロゴ入りエコバッグ…2名様

 

数量に限りがあります。

もし上記のプレゼントが無くなってしまった場合でも、10名様にRODE Microphonesロゴの入り粗品をお渡しします!

お早めにお求めください♪

 

対象商品

VideoMicro

VideoMic Go

VideoMic Rycote

VideoMic Pro Rycote

Stereo VideoMic Pro

 

 

次回「Kさん、目玉焼きの音、聞いたことあります?」

おたのしみに?。